協会からのお知らせの最近の記事

 

貴社のSCM力の強み・弱みを客観的に診断してみませんか? 

 

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、東京工業大学との共同の下に開発したスコアカード手法を用いたSCM/ロジスティクスの調査研究を行ってまいりました。

この度、JILSでは『グローバルSCMスコアカード(GSC)』簡易診断を実施することになりました。

一流企業を数多く含む企業サンプルの中で自社・事業所の強み・弱み、ポジショニングを把握し、更なるSCM改革を目指してみては如何でしょうか?

 

1.グローバルSCMスコアカード(GSC)の簡易診断方法について

  下記をクリックして診断票をダウンロードし、自己診断を行い、フェイスシートに業種や規模等の必要事項と自己診断結果を記載のうえ、下記担当までe-mail又はFAXにて送信してください。

  診断結果は約1週間以内にe-mail又はFAXにてご報告いたします。

 

           GSCによる自己診断.xlsx

  

        ・5段階レベル表現により、回答が容易

        ・ベストプラクティスが簡単に分かる

        ・回答にかかる時間は20-30分程度

 

   担当:公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

       JILS総合研究所 GSCチーム(佐藤、五関、三代川)

       e-mail:gsc@logistics.or.jp

       FAX:03-3434-3190

 

           

2.GSC簡易診断によるベンチマーク情報のご案内(アウトプットイメージ)

   ご案内.pdf

 

  より詳しい内容につきましては、以下のリンクより解説文をご参照ください。

   解説文.pdf

 

 

3.データ管理について

  ご提出いただくデータに関しては厳重に管理され、東京工業大学およびJILS以外の外部に企業・事業部が特定できるような形で公表することは一切ございません。

  公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。

 

 

※表記を一部訂正しました(2017年4月19日)

※ご案内および解説文のリンクを追加しました(2017年4月21日) 

当協会では「物流現場改善推進委員会」を設立し、企業の生産性やCS・ESを向上させ、さらには昨今の労働力不足

にも対応すべく、産業界における物流現場改善の普及・啓発に取り組んでおります。活動のひとつとして「物流現場

改善のすすめ」と題し、企業経営者や現場担当者の皆様に、改善活動を改めて考えていただき、改善活動を進展さ

せるきっかけとなるメッセージをお届けいたします。 物流現場改善に精通し、経験豊富な改善のエキスパート4名を

執筆者に迎え、物流現場改善を進めるための考え方や手法、事例などをお伝えいたします。


現場改善を考える方々に広くお読みいただけますと幸いです!


「物流現場改善のすすめ」の記事はこちらからご覧ください。
http://www.logistics.or.jp/subdivision/ksusume.html

 

2016年度の物流コスト調査における売上高物流コスト比率(全業種)の平均値は4.97%となりました。

前年度からの上昇は0.34ポイントで、過去20年間で最大となっています。業種分類別では、製造業、

卸売業、小売業の売上高物流コスト比率が前年度から上昇しています。

 

今年度のアンケート調査では、人手不足に関連した値上げ要請の動向についての設問を追加しました。

値上げ要請については、要請があったとの回答が6割を占め、値上げを要請された主なコストの種類は

輸送費が最も多く、荷役費がこれに続いています。

また、値上げ要請があったと回答した企業のうち、8割弱の企業が「応じた」と回答しています。



報告書の概要版はpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 概要版:2016コスト調査報告書.pdf

 

 

 

※2016年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売しております。

 http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R5F00000Vat1I

 

 

※2017年度調査につきましては、本年6月末を目処にアンケートを送付させて頂きます。

 ご協力の程、何卒宜しくお願い申しあげます。

 

 

(JILS総研)

日本産業車両協会では経済産業省から委託を受け実施した標記調査事業の成果報告会を開催いたします。

今回の調査では、将来にわたって物流機能を確実に維持できるよう、輸送と輸送を結び/つなぎ合わせる結節空間として位置づけられる物流施設を対象として、トラックによる入荷作業を中心に、現地実態調査等を行って現状の課題を把握し、具体的な解決策を提示することで、2030年に向けてIoTやロボット等を有効に活用した全体最適なサプライチェーンシステムの構築を実現していくための道筋を報告書の中で提言してまいります。

詳細は以下の日本産業車両協会のホームページをご参照ください。

http://www.jiva.or.jp/

 

 

IoTを有効活用した全体最適なサプライチェーンシステムの構築調査事業報告会

 

 

【日 時】 平成29年3月3日(金) 13:00-15:30(開場12:30)

 

【場 所】 経団連会館 2階 経団連ホール

 

【参加料】 無 料

 

【報告内容】

 

 1)調査事業の目的と問題意識

 2)物流施設の実態調査結果

 3)2030年に向けてIoTやロボット等を有効に活用した全体最適なサプライチェーンシステムの構築を実現していくための道筋(提言)

 4)質疑応答

 現在、トラックドライバー不足を始めとした物流分野における人手不足の問題は、荷主企業にとって、経営課題として認識され、我が国の経済成長や国民生活において社会問題となっています。この問題を解決するためには、荷主企業と物流企業が連携を深化させ、取引条件の見直しや業務を可視化して、抜本的な改善に取り組むとともに、新たなシステムやビジネスモデルを構築し、業務効率化と環境負荷低減を図る必要があります。

 経済産業省は、「次世代物流システム構築事業費補助金」により、新たな物流体系の構築に寄与する取組、省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる取組、荷主企業が他の事業者・団体等と連携するモデルとなる取組に対して補助を行いました。また、調査事業では、過年度の研究成果に基づき、貨物輸送部門の省エネ化とドライバーの生産性向上を図ることを目的とした研究を行いました。

 今回のシンポジウムでは、「次世代物流システム構築事業費補助金」の一環として、 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が開催するものであり、5件の補助事業とともに、1件の調査事業の成果を発表します。

 皆様が企業連携を通じた物流の効率化・高度化に取り組むうえでの一助となれば幸いです。

 

日 時 : 2017年3月14日(火)
      13:30から17:00 ( 開場13:00 )

会 場 : 海運クラブ 2階ホール

      (場所はこちらをご参照ください。 http://kaiunclub.org/access.html )

定 員 : 300名 

      (定員になり次第、受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。)

参加料 : 無料

 

【プログラム概要】 (※敬省略)

<セッション1 次世代物流システム構築に関する補助事業の成果等の発表>

「需要予測の精度向上・共有化による省エネ物流プロジェクト」

 講師: 本間 基寛(一般財団法人日本気象協会 事業本部 防災ソリューション事業部

         商品需要予測プロジェクト プロジェクトマネージャー)

「電子タグを活用したアパレル版IoTの実現によるサプライチェーンの高度化と環境負荷低減」

 講師:丸子 淳一(株式会社アダストリア 貿易物流部 部長)

「内陸デポを活用したラウンドユース推進及び次世代物流モデルの創出」

 講師:小島 崇(ケービーエスクボタ株式会社 海外グループ 東日本チーム長 兼 筑波配車センター)

「バース予約によるシェアリングプラットフォーム実施報告」

 講師:荒瀬 力(シーオス株式会社 第3事業部(物流インフラ) シニアマネージャー)

「IoT技術を活用した物流効率化・省エネシステムの開発と実証」

 講師:石井 淳(SGシステム株式会社 システムビジネス事業部

           テレマティクスソリューションユニット ユニットマネジャー)

 

<セッション2 次世代物流システム構築に関する調査事業の成果の発表>

パネルディスカッション 「発着荷主連携で取り組む物流現場の生産性向上策」

パネリスト:荷主連携による共同輸配送の環境整備研究会メンバー

(参加企業名 : 味の素株式会社、花王株式会社、株式会社あらた、三菱食品株式会社 、株式会社日本能率協会総合研究所)

 

 ※プログラムは都合により変更となる場合があります。予めご了承ください。

 

 ※当日の配付資料のダウンロードはこちらから( web掲載_次世代物流システム構築シンポジウム_配布資料.pdf )からお願いします。 

 

 

【参加申込み方法】 

  • 申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  • 受付後、ご回答をいただいたメールアドレス宛にご確認のメールを差し上げますが、それまでに数日のお時間を要しますので、  この点について、予めご了承の程、お願いいたします。
  • 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。個人情報のお取扱いについて、詳細は当協会のプライバシーポリシー( http://www.logistics.or.jp/privacy.html ) をご覧ください。
  • ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本シンポジウムに関する確認・連絡・参加者名簿の作成及び当協会主催並びに関連催し物のご案内などをお送りする際に利用させていただきます。

  

【お問合せ先】

 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

        次世代物流システム構築事業担当

 電話番号 :03-3436-3191

 電子メール:jisedai@logistics.or.jp

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 トラック運送業は我が国の国民生活及び経済活動を支える重要な産業ですが、全産業と比較して長時間労働・低賃金の傾向にあることなどから、物流を支える運転者の確保が難しい状況が生じているところです。トラック運送の生産向上に向けて、国土交通省は、平成28年度に「貨物自動車運送事業における生産性向上に向けた調査事業」を実施し、「トラック運送における生産性向上方策に関する手引き」をとりまとめたところです。

 これを受けて、この度、全国9都市(東京、大阪、名古屋、仙台、札幌、福岡、新潟、広島、高松)で「トラック運送の生産性向上セミナー」を実施することといたしました。

 つきましては、次のとおり、ご案内させていただきますので、ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 

1. プログラム

・今年度調査の中で策定した「トラック運送の生産性向上方策に関する手引き」や関連事例のご案内や、荷主とトラック事業者の連携事例等についてご紹介いただく予定です。

・本プログラム案を変更する場合がございますので、ご了承ください。

・参加料は、無料です。

 

【プログラム(予定)】

  • 開会挨拶(国土交通省)
  • 適正な取引条件への改善と生産性向上に向けた政府の取組について

  • トラック運送の生産性向上方策について

    荷主とトラック事業者の協力・連携による運送条件の変更や、共同輸送の推進などに

    よる「トラック運送における生産性向上方策に関する手引き」のご紹介

  • 講演1:生産性向上に関する事例紹介
  • 講演2:先進事例に関する荷主講演

 

2. 各開催会場の日時・場所/申込み方法

・会場までの交通アクセス等の詳細については、お申込みいただいた後に、改めてご連絡させていただきます。

・ご参加を希望される方は、次のURLから、お申し込みください。受付後、ご確認のメールを、差し上げます。

・定員になり次第、受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

  <東京会場>

  • 日時:平成29年2月14日(火)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKP東京駅大手町カンファレンスセンター(東京都千代田区大手町1-8-1)
  • <東京会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <名古屋会場>

  • 日時:平成29年2月16日(木)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティ名古屋新幹線口(愛知県名古屋市中村区椿町1-16)

  • <名古屋会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

      

  <仙台会場>

  • 日時:平成29年2月20日(月)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティPREMIUM仙台東口(宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-1)

  • <仙台会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <大阪会場>

  • 日時:平成29年2月22日(水)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティ大阪梅田(大阪府大阪市福島区福島5-4-21)
  • <大阪会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <高松会場>

  • 日時:平成29年2月23日(木)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:高松センタービル(香川県高松市寿町2-4-20)

  • <高松会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <広島会場>

  • 日時:平成29年2月24日(金)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前(広島県広島市南区大須賀町13-9)
  • <広島会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

  

  <札幌会場>

  • 日時:平成29年2月28日(火)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティ札幌駅前(北海道札幌市中央区北2条西2-19)
  • <札幌会場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <福岡会場>

  • 日時:平成29年3月2日(木)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:TKPガーデンシティ博多新幹線口(福岡市博多区博多駅中央街5-14)

  • <福岡場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

  <新潟会場>

  • 日時:平成29年3月3日(金)14:20から16:50(受付13:50から)

  • 場所:万代シルバーホテル(新潟県新潟市中央区万代1-3-30)
  • <新潟場>は、申込み多数により、受付を締め切りました。お申込みいただき、ありがとうございました。

 

 4. お問い合わせ先

 ご不明な点などがございましたら、下記担当者までメールにてご連絡ください。

 

 【申込先/プログラム内容のお問い合わせ】

 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

 JILS総合研究所 トラック輸送の生産性向上セミナー担当

 Mail:truckseminar@logistics.or.jp

 

 【運営全般/出欠の連絡先】

 野村総合研究所 社会システムコンサルティング部

 トラック輸送の生産性向上セミナー担当

 Mail:truckseminar@nri.co.jp

 沖縄は、東アジアの中心に位置する圧倒的な「地の利」など、国際物流拠点として高い優位性や潜在力を持っており、現在では、那覇空港の国際貨物取扱量が全国4位、那覇港のコンテナ取扱量が全国8位と順調に推移しています。

 しかし、1)ものづくり産業が脆弱であることに起因する沖縄県内からの国内外への搬出量の少なさ、2)島しょ県という特性に起因する輸送コストの高さといった課題も挙げられています。

 今後、こうした課題を解決し、沖縄を国際物流拠点として一層活性化していくためには、沖縄をモノの経由地とするだけでなく、同拠点を活用したものづくり事業の創出等、沖縄の特色を生かした産業の育成が不可欠です。

 このため、本事業では、先進的かつ沖縄の特色を生かしたものづくり事業及び沖縄で付加価値を付ける物流事業を総合的に支援することにより、沖縄から搬出する製品を増やすことを目指し、沖縄の国際物流拠点の活用を推進することで沖縄の産業の振興に寄与することを目的としています。

※本事業の実施については、平成29年度予算案の成立が前提となります。

 

【補助対象事業(概要)】

本事業では国際物流拠点(那覇空港、那覇港、中城湾港新港地区)を活用して製品を県外へ搬出する、先進的かつ沖縄の特色を生かした、ものづくり事業又は沖縄で付加価値を付ける物流事業を対象とします。

 

【補助率等(案)】

・補助率:2/3(補助上限額2億円)

・補助期間:1年度限り

・補助対象経費:人件費、謝金、旅費、試作品・サービス開発費(原材料費、外注費)販路開拓費、機械設備費、賃借料、運送費、会議費、事務費

※土地の購入や建物の建設費は対象外です。

 

【お問い合わせ】

内閣府政策統括官(沖縄政策担当)産業振興担当参事官室

電話:03-6257-1688

メール:oki_sangyo_shinko@cao.go.jp

 

 

詳しくは以下PDFファイルおよびリンク先をご参照ください。

 

沖縄国際物流拠点活用推進事業.pdf

 

沖縄の特区地域税制.pdf

 

【沖縄の特区・地域制度について】
http://www8.cao.go.jp/okinawa/seisaku/okishinhou/2014kaisei/toc.html

 

 

中央職業能力開発協会では、技能検定、ビジネス・キャリア検定試験などの事業の他、厚生労働省の 委託事業として、職業能力評価基準の策定の事業を実施しています。

この度、平成16年度に公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会の協力の下に作成された「ロジスティクス分野職業能力評価基準*」の周知や活用の状況を把握し、同評価基準を、さらに人事制度や教育訓練制度の構築に活用していただくためにアンケート調査を実施することになりました。

アンケートの趣旨をご理解いただき、下記にご留意の上、ご回答いただきますよう、何卒、よろしくお願い申しあげます。

*職業能力評価基準の概要
http://www.hyouka.javada.or.jp/user/pdf/qs_01_02_outline.pdf

1)アンケートの内容

  • アンケートは全 9 問です。貴社の人事制度、社内教育などに、職業能力評価基準がどのくらい活用されているかをお尋ねする他、別紙に示す職業能力評価基準の特徴との共通点をお尋ねする内容となっています。
  • ご回答いただいた内容は、上記のアンケートの目的のみに使用し、個別の企業の情 報を貴社の同意なく第三者に開示・提供することはありません。

2)回答方法

  • アンケートは Web 方式です。
  • 下記の URL をご使用いただいている PC のブラウザの アドレス欄(検索欄ではありませんのでご注意ください)に直接入力いただきますと 回答ページが開きます。

https://www.javada.or.jp/cgi-bin/enquete/entry01.cgi?id=18720170106174039

3)回答期間

  • 平成 29 年 1 月 20 日(金)?2 月 20 日(月)

4)お問い合わせ先

  • 中央職業能力開発協会 評価制度開発課
  • e-mail hyouka@javada.or.jp
  • TEL 03?6758?2818/2881

 平成28年度「次世代物流システム構築事業費補助金」に係る補助事業者について、20161222日(木)から2017112日(木)までの期間をもって公募を行いました。

 応募のあった提案について、当協会による予備審査の後、有識者による本審査を行った結果、下記の応募者を採択先として決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

採択事業者

 

 ■ SGシステム株式会社

 

 なお、本ページにおける公表内容は、採択事業者に対する補助金の交付決定通知ではありません。採択事業者に対しては文書にて交付決定通知をお送りします。

 交付決定にあたっては、補助対象経費、補助金額の上限等について別途協議のうえ条件を付す場合があります。

 

 

※本事業の背景・目的及び補助対象とする事業は次の通りです。

 

■ 事業の背景・目的

 東日本大震災以降、省エネルギー対策の抜本的強化が必要となる中で、我が国の最終エネルギー消費量の約2割を占める運輸部門の省エネルギー対策を進めることが重要視されています。

 地域における物流システムの効率化によるCO2排出削減に向けて、地域性や顧客ニーズを踏まえた共同輸配送など、荷主と連携して行う物流効率化を支援し、これにより得られた成果を他地域での取組に活用することにより、効果的なCO2排出削減を目指します。

 具体的には、荷主と連携して行う省エネルギーに資する物流業務の効率化を進めるとともに、非効率な物流慣行を改善することにより、地方企業の物流コスト及びリードタイムを削減します。

 

■補助対象事業

 事業目的を達成するため、本事業では以下の要件を満たす事業を行う者に補助金を交付します。

 ・新たな物流体系の構築に寄与する取組

 ・省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる取組

 ・荷主企業が他の事業者・団体等と連携する取組

  

お問合せ先

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 次世代物流システム構築補助事業担当

電話番号:03-3436-3191

電子メール:jisedai@logistics.or.jp

 2017年1月20日に「RFIDのサプライチェーンへの適用」に関するJIS 4規格が新たに制定され、国際規格(ISO)に対応したJIS規格群の整備が完了します。
 サプライチェーンへのJIS Z 066x規格群の適用によって、完成車、自動車部品、電子部品、食品、及び医薬品等の幅広い業種における製品、部品、あるいはパレットや通い箱などの輸送器材・梱包器材の新たな管理形態が国内外で急速に拡がると考えられます。
 また、輸送途上でのトレーサビリティの確保によるサプライチェーンの可視化、効率化、及び食料品・工業製品の安全性の向上が図られることも大いに期待されます。

 この度の制定の内容についての説明会が、日本規格協会主催により開催されます。この説明会では、JIS規格の規定事項の解説はもとより、JIS制定に至った経緯、関連国際規格の動向といった周辺情報の説明とともに、JIS原案作成委員会の圓川隆夫委員長(職業能力開発総合大学校 校長・東京工業大学 名誉教授)による、来たるIoT時代におけるサプライチェーンマネジメントの新たな可能性などについての基調講演も予定されています。

◆ 開催日・会場(定員)
・開催日時:2017年3月7日(火) 10:00?16:30
・会 場:一般財団法人 日本規格協会 1階 セミナールームA(定員:80名)
(東京都港区三田3-13-12 三田MTビル)

◆ 主催:一般財団法人 日本規格協会

◆ 共催:一般社団法人 日本自動認識システム協会

※プログラムの詳細および参加申込みは、以下PDFファイル、もしくはリンク先をご覧ください。

JIS Z 0663-0667説明会案内.pdf

http://www.jsa.or.jp/seminar/cd01_19q.html