講座・資格の最近の記事

 タイ・バンコクにおいて第9回目となる「ロジスティクス管理士資格認定講座」

(主催:Thai Exporters Development Foundation (TEDF) )20168月に開講いたします。

 本講座は経済産業省・国土交通省の連携による「国際物流競争力パートナーシップ会議」にて、JILS主催の「物流技術管理士資格認定講座」をタイ・バンコクに技術移転したロジスティクス人材育成講座で、タイ人のロジスティクス・物流担当者向けに、実施されるものです。過去8年で209名が資格取得し、所属企業で物流改善、ロジスティクス改革を進め、コスト削減等の大きな成果を上げております。

 成長著しいASEAN諸国における経済、生産拠点中心でもあるタイでは、コンビニや外食チェーン等のモダントレーディングも進展し、ますます高度な物流サービスが求められており、ロジスティクスの知識を有するスペシャリストの育成が大変重要になっております。

この機会に関係各位からの積極的な受講者のご派遣をお待ち申しあげます。

※講師はタイ人、言語はタイ語となります。

【問い合わせ先】

Thai Exporters Development Foundation (TEDF) :タイ輸出推進機構

e-mail pakapol@tnsc.com

TEL:02-679-7555内線503  FAX: 02-679-7500/02-679-7502

 

Logistics Qualification System Program 2016_JAPANESE .pdf

Logistics Qualification System Program 2016 EN Version.pdf

このたび、当協会では「物流・ロジスティクスにおける人材育成支援ガイド2016」を発行いたしました。

人材育成支援ガイド2016には当協会が2016年度にご提供予定の人材育成プログラム(資格講座・セミナー)を中心に、

講演会・大会、現場見学会、研究会などの全ての開催予定を掲載しております。人材育成支援ガイドは下記URLより

閲覧することができます。貴社の物流・ロジスティクス人材の育成にぜひ当協会をご活用いただくとともに、人材育成

支援ガイドを人材育成計画の策定にお役立てください。


<物流・ロジスティクスにおける人材育成支援ガイド2016(全32ページ)>
http://www.logistics.or.jp/pdf/education/2016/JINZAIweb.pdf

shien2016.png


人材育成プログラム(資格講座・セミナーなど)の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.logistics.or.jp/education/index.html

日本ロジスティクスシステム協会と日本ロジスティクス研究会が主催する全日本物流改善事例大会にて発表された物流

改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」、「物流合理化努力賞」が

贈られます。全日本物流改善事例大会2015では、「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、30件の改善事例が発

表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞4件が決定いたしました。


※受賞事例の詳細はタイトルのリンクからご覧ください。(PDFファイル/「ロジスティクスシステム2015夏号」掲載)


【物流合理化賞】

タブレット端末導入による作業標準化について(品質・効率の向上)

  受賞企業 : 佐川グローバルロジスティクス株式会社


大型ビニール袋の取り出し性改善(大型ビニール袋の収納具の開発)

  受賞企業 : 株式会社スバルロジスティクス


メーカーに出来る物流改善「外装表示/設計の最適化」で、作業効率化、物流品質向上を目指す!

  受賞企業 : 味の素株式会社


【物流合理化努力賞】

通信機器リサイクル業務の効率化

  受賞企業 : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコサービス


荷主企業と3PL企業による協同作業改善とゲイン・シェアリング

  受賞企業 : 株式会社おおさか協同物流センター ・ 株式会社流通サービス


格納工程のバラツキ改善による生産性の向上

  受賞企業 : 東芝ロジスティクス株式会社


梱包効率の改善と出荷品質向上をローコストで実現

  受賞企業 : 株式会社ヒガシトゥエンティワン


全日本物流改善事例大会2016は2016年4月21日(木)・5月27日(金)に開催予定です。

2月下旬よりHP等でご案内をいたします。

当協会が主催する「物流技術管理士資格認定講座」は、物流管理者および物流技術者に必要とされる物流・ロジスティ

クス全領域にわたる専門知識、マネジメント技術を体系的に学ぶ講座です。物流・ロジスティクスのスペシャリストを育成

する講座として、数多くの企業にご活用いただいております。


物流技術管理士資格認定講座では、資格認定試験の一つとして、講座で学んだ内容を活用した5000~6000字の論文を

作成します。論文のテーマは自身の業務や企業における改善・改革を企画するものや、これまでの業務での取り組みを

再検討するものなどさまざまです。毎年、特に優れた論文は、専門委員会にて「優秀論文」と認定し表彰を行っています。

このたび、各企業様のご厚意により、2014年度に表彰された「優秀論文」をホームページにて公開することとなりました。

物流技術管理士の方々の取り組みをご参考いただけますと幸いです。


【2014年度 物流技術管理士資格認定講座 優秀論文】

物流ABCを用いた事務業務の効率化

  執筆者 : 株式会社日新  都賀 厚 氏


冷凍事業車両削減計画における間口グループでの利益共有化

  執筆者 : 株式会社間口  濵田 匡員 氏


工場内、海外調達部品の仕掛り在庫低減活動

  執筆者 : コマツ物流株式会社  藤森 貴之 氏


茨木倉庫移転に伴う移転前準備と新倉庫レイアウトの構築

  執筆者 : NSKロジスティックス株式会社  山口 政弘 氏


※公開のご許可をいただいた優秀論文のみを掲載しております。予めご了承ください。


物流技術管理士資格認定講座の詳細はこちら

2015年度「物流合理化賞」が決定!

日本ロジスティクスシステム協会と日本ロジスティクス研究会が共催する全日本物流改善事例大会にて発表された物流

改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」、「物流合理化努力賞」が

贈られます。全日本物流改善事例大会2015では、「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、30件の改善事例が発

表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞4件が決定いたしました。


【物流合理化賞】

タブレット端末導入による作業標準化について(品質・効率の向上)

  発表者 : 佐川グローバルロジスティクス株式会社  野水 友也 氏


大型ビニール袋の取り出し性改善(大型ビニール袋の収納具の開発)

  発表者 : 株式会社スバルロジスティクス  川崎 久美香 氏 / 根岸 洋子 氏


メーカーに出来る物流改善「外装表示/設計の最適化」で、作業効率化、物流品質向上を目指す!

  発表者 : 味の素株式会社  伊従 護 氏


【物流合理化努力賞】

通信機器リサイクル業務の効率化

  発表者 : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコサービス  伊藤 祐子 氏


荷主企業と3PL企業による協同作業改善とゲイン・シェアリング

  発表者 : 株式会社おおさか協同物流センター  四元 克佳 氏 (物流技術管理士 45期)

  発表者 : 株式会社流通サービス  生田 育弘 氏


格納工程のバラツキ改善による生産性の向上

  発表者 : 東芝ロジスティクス株式会社 大分運輸株式会社  山内 節子 氏


検品・梱包効率の改善と出荷品質向上をローコストで実現

  発表者 : 株式会社ヒガシトゥエンティワン  窪田 一夫 氏


表彰事例の概要はこちらのパンフレット(PDF)をご覧ください。表彰事例の詳細は機関誌「ロジスティクスシステム 夏号」

(7月21日発行)に掲載および、JILS-netにて公開しております。


関連記事:全国の物流改善事例が集う!「全日本物流改善事例大会2015」開催報告
関連記事:「全日本物流改善事例大会」で物流改善の取り組みを発表しませんか?

P6220121.JPG
6月22日表彰式 受賞企業の皆様

2014年度「物流合理化賞」が決定!

当協会と日本ロジスティクス研究会が共催する「全日本物流改善事例大会」にて発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」または「物流合理化努力賞」が贈られます。

全日本物流改善事例大会2014では、物流改善対象範囲により「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、合計15件の改善事例が発表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞3件が決定いたしました。

【物流合理化賞】
機械だけに頼らない人間力による作業改善
  発表者:飯塚運輸(株) 豊岡 真人 氏 (物流技術管理士 100期)

倉庫間送品仕分け作業時間の短縮
  発表者:(株)オカムラ物流 五本木 修 氏 (物流現場改善士 3期)
                    伊藤 大雄 氏

トヨタ式ノウハウの活用による通販入出荷業務の改善
  発表者:ホンダロジコム(株) 本多 正樹 氏

【物流合理化努力賞】
トヨタ生産方式(TPS)の手法を用いた改善プロジェクトの取組
  発表者:コクヨサプライロジスティクス(株) 井上 真治 氏

送品原価率の維持向上 ‐福岡方面積み合わせ便による積載率の向上‐
  発表者:(株)オカムラ物流 寺地 知行 氏

事務による改善推進 ‐『カスミ事務大部屋化方式』とは・・・‐
  発表者:(株)カスミ 齋藤 雅之 氏
              羽成 敦子 氏

表彰事例の概要は、こちらのパンフレット(PDF)をご覧ください。表彰事例の詳細は、6月30日発行の機関誌「ロジスティクスシステム6・7月号」に掲載および、JILS-netのライブラリーにて正会員向けに公開中です。

関連記事:<特集>改善ポイントはコミュニケーションにあり!(受賞者インタビューを掲載)
関連記事:全国の物流改善事例が集う!「全日本物流改善事例大会2014」開催報告
関連記事:「全日本物流改善事例大会」で物流改善の取り組みを発表しませんか?

IMG_0348.jpg
6月19日表彰式 当協会西田会長と表彰者の皆様

 2014年度最初の開催となる第108期物流技術管理士資格認定講座(東京開催)の開講式・プレミーティングが5月15日(木)、16日(金)に開催されました。

 本講座の最初のプログラムとなる「プレミーティング」では、講師の中野 昭男氏(のぞみ経営研究所 所長)、右田 政三氏(刈谷紙器(株) 顧問)の指導のもと、問題の発見と解決技法の習得やヒューマンネットワークの構築を目的としたグループ演習に取り組みました。

 講師より「問題には2種類あること」「問題解決のための8つのステップ」等についての講義がなされた後、受講者の皆様は、8つのステップのうちの5ステップ((1)問題の発見、(2)現状の把握、(3)目標の設定、(4)要因解析、(5)解決策の立案)に関する演習に、様々な業種、役職、年齢で構成されたグループメンバーとともに取り組み、最後に検討結果の発表がなされました。

 講義の最後に、中野氏、右田氏より、 「発生した問題や設定した問題を適切に把握、分析し、解決することは、物流技術管理士として不可欠な能力である。この2日間で習得した知識・技法で、ぜひ自身の業務で活用していただきたい、また、受講期間中にヒューマンネットワークも積極的に構築していただき、熱意ある物流技術管理士になっていただきたい」と受講者への期待の言葉で締めくくられました。

<会場写真1:グループ討議>

会場風景140530.jpg

<会場写真2:グループ発表>

発表風景140530.jpg

 現在、6月10日(火)より開講する第109期講座(大阪開催)をはじめとして、第110期から113期講座の受講申込を受け付けております。詳細プログラムや申込方法、昨年度(第102期から105期)の資格取得者のコメント等は下記URLをご参照ください。

http://www.logistics.or.jp/education/clm.html

2014年3月26日(水)に、第107期物流技術管理士資格認定講座(大阪開催)の資格認定証授与式が行われ、新たに65名の「物流技術管理士」が誕生しました。認定証授与式では、資格認定証が授与されるとともに、下記の成績優秀者の方々の表彰も行われました。

●最優秀賞(107期で最も成績が良かった方)
 大野 智也  氏(住化ロジスティクス株式会社)

●優秀賞(90点以上の方)
 大野 智也  氏(住化ロジスティクス株式会社)
 

●優良賞(85点以上の方)
 窪田 飛 氏(ムラタシステム株式会社)

●優秀論文賞
 原田 恭宏  氏(味の素物流株式会社)

この度、資格取得された皆さまにおかれましては、
物流技術管理士としてご活躍されることを心よりお祈りいたします。  (事務局)

2014年3月19日(水)に、第106期物流技術管理士資格認定講座(東京開催)の資格認定証授与式が行われ、新たに90名の「物流技術管理士」が誕生しました。認定証授与式では、資格認定証が授与されるとともに、下記の成績優秀者の方々の表彰も行われました

●最優秀賞(106期で最も成績が良かった方)
 八重樫 隆範 氏(株式会社丸運)

●優秀賞(90点以上の方)
 八重樫 隆範 氏(株式会社丸運)

●優良賞(85点以上の方)
 長谷川 利和 氏(千葉積水工業株式会社)
 渡辺 三彦 氏(伊藤忠食品株式会社)
 山岸 英仁 氏(西日本鉄道株式会社)
 山本 英明 氏(山九株式会社)

IMG_0207.jpg?zzz106.jpg
渡邉委員長、山岸氏、長谷川氏、渡辺氏、徳田専務理事   第106期 資格取得者の皆様
※八重樫氏、山本氏は認定証授与式をご欠席

皆様の一層のご活躍と、さらなる飛躍をご期待申しあげます。 事務局

物流技術管理士資格認定講座の詳細はこちら

第35期国際物流管理士資格認定講座の資格認定証授与式が、2014年3月7日(金)に開催され、新たに35名の「国際物流管理士」が誕生し、資格取得者は累計で1,433名となりました。

認定証授与式では、資格認定証の授与とともに、成績優秀者の表彰も行われました。

●最優秀賞(35期で最も成績が良かった方)
 土居 敏朗 氏 (日東ロジコム株式会社)
●優秀賞(35期で2番目に成績が良かった方)
 小島 秀子 氏 (中外製薬株式会社)

第35期 資格取得者の皆様

01.JPG

左より
山縣委員、石原委員長、小島氏、土居氏、徳田専務理事、小林副委員長
02.JPG

資格認定証授与式の後の懇親会の様子
03.JPG

国際物流のニーズは高度化・多様化しており、
このような事業環境の変化に対して、迅速かつ的確な対応が求められております。
「国際物流管理士 - 国際物流のスペシャリスト -」として、
皆様の今後のご活躍とさらなる飛躍をご期待申しあげます。 事務局

2014年度の国際物流管理士資格認定講座の情報はこちらから