物流システム機器の最近の記事

 

 2013年度物流システム生産出荷統計・結果公表

 

 当協会では、ロジスティクスの高度化に重要な役割を担う「物流システム機器産業」の健全な発展を促進するため、日本物流システム機器協会のご協力のもと、「物流システム機器生産出荷統計」を調査・公表しています。

 

 本調査は、物流システム機器25機種について、国内主要物流システム機器メーカーを対象とし、2013年度(2013年4月?2014年3月)の実績(売上高等)を調査・集計したものです。

 

 このたび、2013年度の実績値がまとまりましたので公表いたします。

 

 表題にも記載したとおり、2013年度の物流システム機器の総売上金額は、378,102百万円となり、2011年度の340,088百万円と比べて+11.2%となり、大きく増加しています。

 

 なお、2013年度から業種分類に「通信販売」を追加していますが、通信販売業者への売上高は11,147百万円であり、総売上金額の約3%を占めています。

 

 詳しくは以下をご参照ください。

 

 ※2013年度 物流システム機器生産出荷統計調査【概要版】 ダウンロード(pdfファイル)

共用ダウンロードボタン

(担当:JILS総研)

JILSでは、毎年、「物流システム機器生産出荷統計」を公表しています。
本統計では、自動倉庫、コンベヤ、台車等、いわゆる「マテハン機器」の
市場動向を継続的に調査しています。

このたび、2012年度の結果がまとまりましたので以下公表します。


※PDFファイルです。

【概要】
◇集計の結果、2012年度の物流システム機器の総売上金額は、2011年度の335,665百万円から1.3%増の340,088百万円となった。

◇サブプライムローン問題を契機とした世界同時不況により2009年度に大幅に落ち込んで以降、売上金は回復基調にあり、2012年度もわずかながら前年を上回る結果となった。また、2011年3月11日に発
生した東日本大震災の影響を受けながらも、2011年度に引き続き、売上高の増加が続いている。

◇売上金額を領域別に見ると、海外向けが5.5%減少し、クリーンルーム向けも27.1%減少している。業
種別に見ると、クリーンルーム向けの減少に伴い、「電機・精密機器」への売上が減少する一方、「輸
送機器・部品」への売上の増加が目立った。

※金額の表記が一部間違っておりました。お詫びして訂正いたします。 2013/8/28 15:50
 (上記の内容はすでに訂正済みです)