優れた物流改善を表彰!2017年度[物流合理化賞]受賞事例を紹介

【物流合理化賞について】

全日本物流改善事例大会において発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容・成果が認められる改善事例に

ついて、「物流合理化賞」・「物流合理化努力賞」をお贈りし表彰しております。

全日本物流改善事例大会2017では、30件の改善事例が発表され、審査の結果、物流合理化賞2事例、物流合理化努力

賞5事例が表彰されました。


物流合理化賞の受賞事例の詳細は、当協会の機関誌等を通じてお伝えしてきましたが、このたび産業界の物流改善を

さらに活性化させるべく、その優れた事例を多くの方々に参考としていただくため、本サイトに掲載をさせていただくことに

なりました。物流改善の優れた取り組みをこの機会にぜひご覧ください。(掲載予定2018年2月28日まで)

全日本物流改善事例大会2018は2018年5月15日(火)・16日(水)に開催します。2月下旬よりHP等でご案内予定です。


※受賞事例の詳細は各タイトルのリンクからご覧ください。(PDFファイル/「ロジスティクスシステム2017夏号記事」)


【物流合理化賞】

動作分析ノウハウを活用したムダ作業削減による生産性の改善

  受賞企業 : アドバンスト・ロジスティックス・ソリューションズ株式会社


強化カートンケース開発による廃棄物削減

  受賞企業 : 本田技研工業株式会社


【物流合理化努力賞】

CKD海上輸送コンテナ容積充填率向上へ向けた総合的取組み

  受賞企業 : 株式会社スバルロジスティクス


「渋滞学」活用によるピッキング・アソート作業の効率化

  受賞企業 : 日昭産業株式会社


スワップボディコンテナ導入による車両の安定確保と輸送コスト削減

  受賞企業 : 株式会社ホームロジスティクス


配送ドライバーの労務改善による効果

  受賞企業 : 株式会社ロジスティクス・ネットワーク


改バリアフリーな受入れ業務 健常者と障がい者の壁を無くす

  受賞企業 : ロジスティックスオペレーションサービス株式会社



関連記事:全国の物流改善事例が集う「全日本物流改善事例大会2017」開催