中部支部設立15周年記念 中部ロジスティクス講演会2014

※都合によりプログラムが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 会 期:2014年10月3日(金)
  • 会 場:名古屋銀行協会
        愛知県名古屋市中区丸の内2-4-2
  • 参加予定人数:200人

●参加料(テキスト代を含む、消費税込)

参加料
JILS会員 1,9440円(1名)
会員外 24,840円(1名)

お問合せ
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 中部支部
〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南4-12-17
TEL 052-588-3011 FAX 052-588-3012

※有資格者優待がございます。詳細は事務局までお問い合わせください。

10月3日(金)プログラム
開 会
10:00〜10:10
開会挨拶

山口 千秋
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 中部支部運営委員会 委員長
株式会社豊田自動織機 取締役副社長

10:10〜10:30
ロジスティクスコンセプト2020の実現に向けた取組み

徳田 雅人
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 専務理事

10:30〜12:00 登壇者写真
お客様第一の実現を目指して
  • 品質保証の原点とTQMの歩み
    品質を取り巻く環境の変化
    お客様第一に向けた取組み
  

横山 裕行
トヨタ自動車株式会社 専務役員 カスタマーファースト推進本部 本部長

12:00〜13:10
昼食懇親会
主催者挨拶

加藤 博巳
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 中部支部運営委員会 副委員長
髙末株式会社 代表取締役社長

来賓ご挨拶

中部運輸局 中部経済産業局

13:10〜14:40
事 例
病院経営の課題と方向性
―2025年モデルとBCP視点でのロジスティクスの重要性―

牛越 博文
社会医療法人財団石心会 本部事務局経営企画部長

東谷 顕一
シーオス株式会社 取締役 メディカル事業部長

休 憩(15分)
14:55〜16:50
パネルディスカッション 〜精密機器グローバルSCM研究会の活動から〜
グローバルSCMの推進に向けた物流・ロジスティクス部門の現状と課題
~グローバル物流コストの見える化、改善・改革の活用へ~

◆コーディネータ        石川 和幸
株式会社サステナビリティ・コンサルティング 代表取締役

◆パネラー           栗本 貴司
コニカミノルタ株式会社 SCMセンター長

武田 克彦
ブラザーインターナショナル株式会社 取締役ロジスティクス部長

松井 一訓
ヤマハ株式会社 物流システム部 部長

16:50〜17:00
中部支部活動のご紹介

製造業のグローバル展開支援と物流企業の企業価値向上に向けて