日本ロジスティクスシステム協会 JILS 30th 共に創る持続可能な社会

関西物流改善事例
発表会2022
物流改善の第一歩を踏み出そう [会場参加・オンライン参加選択形式で開催]

本催しは終了しました

開催報告

会期 9月7日(水)
会場 会場参加
ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター 案内図
ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-2-19
TEL:06-6302-5571
交通のご案内
JR新幹線、地下鉄御堂筋線 新大阪駅から徒歩5分
※お客様用の駐車場はご用意がございません。ご来場の際は、公共交通機関をご利用くださいませ。
オンライン参加

Zoomウェビナーにて開催

企画・運営 関西物流改善事例発表会2022
実行委員会
総参加者数

222名
(会場・オンライン参加の合計)

会場の様子

プログラム

2022年9月7日(水)

時間 テーマ 講演者
10:00-10:05 開会挨拶
関西物流改善事例発表会2022実行委員会 委員長
オムロン株式会社  グローバル購買・品質・物流本部
物流統括室 国内物流部 部長
高田 充康
10:05-10:20 これからのロジスティクスのあるべき姿
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
専務理事 寺田 大泉
10:20-10:50
発表1
保管方法・通路幅を見直し、保管効率の向上による原価低減
アサヒロジ株式会社
近畿圏支社 高槻支店 幸坂 篤憲 氏
【取扱製品】玩具 物流センター開設以来、現場作業環境の大きな見直しを行っていなかったため、見直しを行うことにした。「レイアウト」「保管ルール」「通路幅」3つの大きな問題が見つかった。
これらを改善することにより保管効率を向上させ、保管原価の低減を目指した。その結果、使用坪数:284坪削減(▲29%)、保管効率:47.2才/坪向上(+189%)、通路割合:13%削減(▲13%)と成果をあげた。
10:50-11:20
発表2
物量増加や働き方改革への対応を求められる中、当日配達・発送サービスを維持発展した全方位的改善戦略
株式会社オノマシン
大阪物流センター 主任 湊 優一 氏
【取扱製品】機械工具 大口顧客との取引拡大による物量の増加や働き方改革による労働環境改善への社会的・法的要請が高まる中、当日受注当日配達・発送サービスを維持発展させる事を目標に、人・モノ・方法・場所の全方位から「とにかくやってみる」の改善精神でムダ・ムラ・ムリ取りを行い、作業の効率化・平準化に取り組んだ。物量が前年比203%と増加する中、135%の人員増で当日配達便の締切時間12時、当日発送の締切時間14時を堅持した。
出荷ミス件数も前年比45%と大幅に削減することができた。
休憩(10分)
11:30-12:00
発表3
コンテナデバン時のスキャン作業無人化
(コスト対策・人手不足対策・作業者の健康面の改善)
福助ロジスティクス株式会社
吉川商品センター センター長 平 智博 氏
【取扱製品】アパレル 物流センター立地の関係もあり、新卒社員採用に苦戦している。また、物流センターのパートナー企業の作業者も高齢化が進んでいる。そのような中、最低賃金UPへの対応、発着場担当者の健康面での負担軽減が課題となっていた。その対策として、マテハン機器導入によるコンテナデバン時のスキャン作業の無人化に取り組んだ。スキャン業務(2レーン分)の委託コスト、月/15万円が0円となり年/180万円コスト削減となった。
12:00-12:30
発表4
作業実績データを活用した異常管理及び延勤管理の深化による労働生産性向上
グンゼ物流株式会社
カイゼンセンター 早川 雄治 氏
【取扱製品】アパレル 労務構成(延勤人員)の約74%を占めるパートタイマーの賃金は最低賃金UPにより、毎年3%程度上昇している。この部分の延勤人員を適正に保つことが経営を支える大きな柱となるため、作業上のロスの早期発見・対処・改善及び人員管理ロスの極小化が重要となる。そのため、作業実績データを活用して現場の異常と人員管理ロスを見せる化する仕組みを構築し、労働生産性の向上に取り組んだ。その結果、対人売上高で対前年103.1%、対目標100.1%を達成することができた。
昼休み(60分)
13:30-14:00
発表5
『BtoB出庫におけるGASを活用した生産性向上と出庫ミスゼロへの挑戦』
~RFIDゲートとの併用による新たなGAS運用方法の構築~
ワコール流通株式会社
守山流通センター 流通2課 チーフ 五島 優菜 氏 / 竹内万里子 氏
【取扱製品】女性インナー商品 GAS運用を本来のBtoCではなくBtoB出庫において検証した。当初の生産性は従来のハンディターミナルによる出庫の65%の状況であった。改善と検証を繰り返し、初回出庫においてはトータルピッキング作業自体を無くす画期的な方法を構築し、飛躍的に生産性向上を達成した。またRFIDゲートを併用し二次検品を行うことで出庫品質を担保した。生産性としては、GAS(導入時平均)334枚/H⇒GAS(運用変更後平均)770枚/Hとなった。
※GAS:ゲートアソートシステム
14:00-14:30
発表6
次世代社員の活躍で『現場のあるべき姿』のイノベーション実現
~DX実践によるデータ活用~
株式会社ハンナ
取締役 下村 祐也 氏
(第143期物流技術管理士)
【取扱製品】食品・文具 物流業界は新型コロナウイルス感染対策や労働力不足対応など課題が山積している。この状況を打破する救世主は人間力のある次世代社員であった。人間力を重視した社員教育で、IT導入に率先して取り組む次世代が活躍できる機会を提供。中小企業でもできる現場の意識改革の実践と、多様性のある物流サービスを行い、未来型『現場のあるべき姿』の実現を進めた。具体的にはベテラン社員の経験、カンに頼る現場から、次世代社員を中心にITによるデータ活用を推進した。その結果、異常発生の削減(取組前と比較し43%低下)、未経験者の車両事故の撲滅(改善取組前と比較し47%低下)、新卒定着率の向上(取組前50%→取組後100%)につながった。
14:30-15:00
発表7
出荷用緩衝材のプラスチック資源削減
~地球にやさしい出荷への挑戦~
クボタロジスティクス株式会社
九州部品DC 渕野 太志 氏
【取扱製品】農機部品 各拠点から送り込まれる入庫部品には梱包材、緩衝材等で大量のプラスチック素材が使用されている。自拠点から出荷する部品にもプラスチック素材の緩衝材を多く使用している。これらの処理にはCO2が発生するため、量が増えると環境に多大な影響が生じる。その対策として再利用可能な紙緩衝材の使用率を増やし、プラスチック素材の使用率削減に取り組んだ。目標設定としてエアバックを60%削減に対し、本活動による対策後、目標を超過達成した。
15:00-15:05 記念品贈呈
休憩(10分)
15:15-15:45 特別講演:2022年度最優秀物流改善賞 物流業務部門
2022年度最優秀物流改善賞 物流業務部門
IEを活用した “ONE TEAM” による全体最適な庫内運営の実践
~更なるユニットロードのSHINKAに挑戦~
NX・NPロジスティクス株式会社
商品管理課長 大谷 英義 氏
商品管理課 主任 中村 圭輔 氏
【取扱製品】家電製品 ユニットロード化に取り組むなか、車輌の出発時間が変化しない等、庫内作業の部分的な改善が図れるも、全体的な改善にまで至っていない状況となっていた。その解決として、荷役作業から車輌出発までの工程をIE手法により分析、全体最適化にむけた取組みを行う。この取組みにより、持続的なユニットロード化実現を目指す。
15:45-15:50 閉会挨拶
関西支部運営委員会 委員長
ダイキン工業株式会社 物流本部長
生地 幹

委員会 委員名簿

(2022年10月1日現在、敬称略・社名五十音順)
委 員 長 高田 充康 オムロン(株) グローバル購買・品質・物流本部 物流統括室 国内物流部 部長
副委員長 望月 彰 間口ロジスティクス(株) 代表取締役
副委員長 堤 幸信 ワコール流通(株) 代表取締役社
委 員 宮川 淳 アサヒロジ(株) 近畿圏支社 営業部長 兼 高槻支店長
委 員 渡辺 一真 (株)NTTロジスコ 高槻物流センター センター長
委 員 浅香 辰也 クボタロジスティクス(株) 取締役 総務部長
委 員 兵庫 正能 コイズミ物流(株) 営業本部 新規事業推進室 室長
委 員 太期 健仁 コクヨサプライロジスティクス(株) 物流本部 物流2部 副部長 兼 近畿IDC統括所長
委 員 杉本 守 佐川グローバルロジスティクス(株) 関西エリア エリアマネージャー
委 員 秋山 政泰 センコーグループホールディングス(株) 管理本部 人材教育部 常務理事部長
委 員 武田 重治 ダイキン工業(株) 物流本部 企画部長
委 員 森口 哲博 ダイセル物流(株) 安全品質推進部 部長
委 員 植松 仁志 大和物流(株) ロジテック・オフィスサポート事業部 オフィスサポートグループ 担当課長
委 員 中原 明敏 西日本エア・ウォーター物流(株) 物流事業部 営業開発部 部長
委 員 丸山 義弘 日本通運(株) 大阪支店 関西営業部長
委 員 石寺 勝秀 (一社)日本物流資格士会 西日本委員会 西日本委員長
委 員 岸 拓磨 (一社)日本物流資格士会 西日本委員会 西日本委員
委 員 中西 学 フジトランスポート(株) 常務取締役(営業本部長)
委 員 桑波田 吉広 山村ロジスティクス(株) 取締役 営業推進本部長
委 員 柴田 吉政 レンゴーロジスティクス(株) 営業本部 西部営業部 九州営業部 部長