事例集

JILS会員限定サービスとなります。
右上の「ログイン」をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力して下さい。
ユーザー名・パスワードにつきましては、customer@logistics.or.jpまでお問い合わせください。


会員企業の改善例やライブラリー資料など閲覧できます。調査研究や業務にお役立てください。

物流現場改善事例集

全日本物流改善事例大会において2007年以降に発表された優秀事例を検索、閲覧できる事例集です。
※会員の方は、ログインすると事例をダウンロードできます。
※掲載している事例は発表企業の掲載許可を得た事例のみです。


受賞事例にはそれぞれがついています。

  • 物流合理化賞受賞事例
  • 物流合理化努力賞受賞事例

166件見つかりました。

※会員の方は、ログインすると事例をダウンロードできます。

気づきで生まれた現場改善

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

日本ロジテム株式会社

現状に満足していた作業現場に、改善の重要性を認識させることを目的として、既にあるKPIのデータ分析と見える化を推進し、 ムダの捉方等を教育し、気づきによる問題点の打ち上げを基に、分析、改善へとステップを上げた。 最終的には作業効率が22%アップし、総員12名から10名と2名削減した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 運搬, ピッキング, 包装・梱包

全員参加の改善活動 ~保管欄の運用改善による生産性向上~

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

アドバンスト・ロジスティックス・ソリューションズ株式会社

初期投資を最小にするため、WMSに頼らない作業指示と作業の進捗管理を同時に行うことができる「差し立て板」を活用した。それにより約5000万円の投資を抑制した。また、生産性向上の対策として、レイアウトの変更や作業手順、探すムダのない「棚札管理板」などの運用改善により作業生産性を75%向上させた。

生産性, 一般機械器具, 物流子会社, 入出荷(積み降ろし含む)

関連部署との3つの連携 ~3PLの役割とは・・・~

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

三共貨物自動車株式会社

委託先の販促計画による物量増加への対応として構内スペースの創出を目指し、前工程(ベンダー)、後工程(店舗)と連携した入荷物量の平準化に取組んだ結果、152㎡のスペース創出や増店による仕分コストの低減・配送コース増加などによる年間2,860万円の経済効果を達成し、WIN・WIN・WINの関係を築いた。

生産性, コスト, 小売業, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む)

システムバス生産拠点統合後の全国配送体制再構築及び生産部門との連携

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

株式会社ノーリツ

生産拠点の統合による全国配送に伴い、物流費用の上昇をミニマムにすべく、スキット配送による車載効率の向上と、スキット回収のしくみ改善に取組み、生産部門と連携した車載方法の改善や、配車・配送方法の改良、幹線便出荷ダイヤグラムの見直し等を行った結果、当初約1億円超と試算していた物流費用増加を4,000万円程度に留めた。

コスト, 配送・納期, 環境, 建設, 一般機械器具, 配送

エネルギー原単位の削減

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

三井金属鉱業株式会社

06年出荷量の大幅な減少に伴い、コスト削減に取組むと同時に、CO2排出量削減にも着目した改善活動を行い、三井金属の「物流改善のバイブル」の中から改善の切り口を絞り込み、全61件の改善に取組んだ結果、年間コストを約2,400万円削減するとともに、エネルギー原単位を国の削減努力目標の6倍削減、CO2排出量を対06年度比で42%削減した。

生産性, 配送・納期, 環境, 非鉄・金属製品, 一般機械器具, 電気機械器具, 自動車部品製造, 配送

事務全体生産性の改善

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

株式会社ロジワン

事務全体生産性の改善にあたり、事務作業の中でもっとも工数を要する「伝票処理部門」と次いで工数を要する「配達管理部門」に着目し、問題点・真因の追究を行ったうえで工数配置の変更や事務作業の細かな改善を積み重ねた結果、伝票処理部門の生産性前年比112.0%、配達管理部門で生産性前年比123.6%を達成した。

生産性, コスト, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 配送

海外向け梱包荷姿の改善

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

ヤマハ発動機株式会社

補修部品の国内・海外への供給業務において、大型梱包ケースのスキットを木材→スチール→段ボール化することによるスキット固定作業の廃止、リターナブルパレットに積載可能な専用段ボールケースの開発を行った結果、積載効率2.5倍、梱包作業効率30%向上を達成し、年約300万円の梱包作業費&梱包材削減を実現した。

生産性, 品質, コスト, 一般機械器具, 電気機械器具, 輸送用機械器具, 自動車部品製造, 包装・梱包

生協宅配物流での「五月雨補充」(集品作業進捗連動商品補充)による品温管理向上と作業効率改善

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

株式会社おおさか協同物流センター

冷凍商品集品作業での商品補充作業を、ワークサンプリングすることで作業のムラ・ムダを明らかにした結果、人時を増加させずに品温管理を向上させる方法「五月雨補充」による改善を行った。結果、夏季冷凍商品解凍クレームを85%削減。更に作業現場からの改善提案「超五月雨補充」により補充作業人時20%削減(46名→36名)を実現した。

生産性, 団体・組合(JA等), 保管

ヒューマンエラー抑止を目指したRFID導入による品質向上

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

株式会社エイ・ダブリュ・サービス

物流センター業務におけるヒューマンエラーの抑止を目指し、現場リーダーによる作業標準遵守チェックや作業標準の見直しを行うとともに、RFIDを簡単な仕組みで導入することで、導入後10ヶ月間出荷不具合0件を維持、不具合が発生した場合のリスクコストや荷主の信頼失墜を回避することができた。

品質, 倉庫業, 陸運, 海運, その他, 入出荷(積み降ろし含む)

『コカ・コーラ』ルート配送物流 自動販売機の補充作業の効率改善

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

シンバホールディングス株式会社

設置場所毎に売れ筋の異なる自動販売機の販売実績データを分析し、在庫管理と補充タイミングを割り出すことで効率的なルート配送による補充頻度の最適化を図るとともに、倉庫内においても高回転商品のレイアウト変更等を行った結果、MHあたりの補充効率の10%向上および売上の前年比累計101.8%を達成した。

生産性, コスト, 小売業, 配送

音声・デジタルピッキングシステム(DPS)の強みを組み合わせたローコスト・ピースピッキングシステム

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

味の素物流株式会社

ピッキング作業の精度を維持しつつ作業効率を向上させるため、マテハン機器の評価を行い、出荷頻度に応じてデジタルピッキングと音声ピッキングを組み合わせて導入することで、作業精度を下げることなく、要員数の削減(19名→9名)や検品レスの実現など、費用対効果の高い作業改善を実現した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 海運, ピッキング

出荷パターン分析システム追加による出荷作業工程の改善

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

ヤマトシステム開発株式会社

定期購入制度の開始に伴う出荷件数の増加に対応するにあたり、定期購入制度商品の出荷内容がパターン化しやすい傾向にあることから、帳票をパターンごとにまとめて出力し、ピッキング作業の簡略化を行った結果、ピッキング作業効率33%向上、ピッキングミス2%減少を達成するとともに、出荷可能件数を2,000件/日増加させた。

生産性, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

欠品率0を目指すことでのコスト削減(ピッキング生産性向上・配送部門)

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

アトム運輸株式会社

受託した倉庫業務において、在庫欠品による配送員の負担とピッキング作業を原因とする作業全般の遅れを解消すべく、顧客と連携した販売計画・動向の把握による発注業務の精度向上や、レイアウトの変更による作業の効率化を図ったところ、ピッキング一人当たりの時間生産性20%、配送車一台あたりの月生産性9.4%の向上を実現した。

コスト, 小売業, 倉庫業, 陸運, ピッキング

顧客視点に立った高品質な『物流サービス』を提供できるセンター作り

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

コクヨサプライロジスティクス株式会社,キムラユニティー株式会社

センター運営を行う2社で共同プロジェクトチームを発足させ、「人へのサポートシステムUPによる判断業務の簡素化」「品質保証パッケージ化によるスキルUP」「TPS導入による管理者のレベルUP」の3つのステップで改善活動に取組んだ結果、納期遅延件数を62件→0件とするなど大きな成果をあげた。

生産性, 品質, 倉庫業, 陸運, ピッキング

納品台車管理システムの構築による事務所作業時間の短縮

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

SBSグループ ティーエルロジコム株式会社

「事務所でのデータ入力作業時間の削減」と「店舗別納品台車数の把握」という2つの難題を、物流センターには一見不向きなレジスタを活用することで同時に解決し、事務員の実働時間合計を昨年対比249.5時間短縮するとともに、店舗別台車数も明細書の発行という形で把握が可能となった。

品質, 小売業, 配送

別注品及び取寄品の受入から出荷までの手順改善に依る処理全体の迅速化と精度・効率向上

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

アシックス物流株式会社

入荷即出荷を基本とする別注品・取寄品処理の迅速化と精度・効率の向上を目的とし、別注品・取寄品を探す動作から、集品票を配布する作業方法へと変革を行ったところ、改善前比77.2%の時間削減を達成した。また同様の悩みを抱える他センターへも横展開することで全体のレベルアップを実現した。

生産性, コスト, 繊維・衣服, その他製造, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 入出荷(積み降ろし含む)

梱包作業の作業性向上

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

スリーハート・コーポレーション株式会社

ギフト商品の詰め合わせ梱包作業に関し、現場リーダーを中心にワークサンプリングによるデータ収集で課題を明確化し、現場作業者の悩み、アイデアをもとにプロセス改善、Q&A等の作成により生産性を164%に向上。朝礼時の徹底、個別指導での改善が限定的であったのに対し、答えは現場にあるという考え方のもと現場を巻き込むことで大きな成果を実現した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 包装・梱包

工場倉庫レイアウト変更による外部賃貸倉庫坪数削減

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

株式会社オカムラ物流

受注生産体制への移行に伴い在庫量が減少したことによる保管効率悪化の解消を目指し、出荷頻度分析に基づいたレイアウトの変更を行った。それにより工場倉庫の保管効率が24%向上し、外部賃借倉庫の製品を工場倉庫に取込むことにより、外部賃借倉庫600坪削減することに成功した。

生産性, コスト, 配送・納期, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 保管

配送品質の向上 ~IT活用による誤配送の徹底排除~

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

高末株式会社

2009年に16件もの誤配送を発生させていた配送業務の改善を目指し、当初人間系の改善取組みを試みるも、一時的な改善に留まってしまうことから、IT機器の導入を決意した。導入にあたり、現場の調査、支援手法の検証を実施した結果、現場に即した最適なシステム支援を実現し、2010年の誤配送件数0件を達成した。

品質, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む)

誤出荷削減による荷主様の信頼獲得 ~誤出荷0件を目指して~

全日本物流改善事例大会 2011
発表事例

アサヒロジ株式会社

ダムセンターでの業務の請負において、頻発していた誤出荷の削減を目指し、品番の理解・整理など商品知識不足の解消やレイアウトの見直し・固定化を行った結果、繁忙期1ヶ月の誤出荷数を46件から2件に削減するとともに、作業効率化により残業時間の軽減を実現した。

品質, 自動車整備サービス, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, ピッキング

センター再編成成功へのステップ、ギフト包装生産性向上への挑戦

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

株式会社ロジワン

宅配センターの統合による生産性、品質の低下を回避すべく、「スペース対策」、「簡易包装作業の生産性アップ対策」、「作業平準化対策」の3点に絞り改善活動を行った結果、倉庫スペース不足を解消するとともに、6200件/日の包装処理能力向上、包装作業遅れゼロを達成した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 通信, その他, 配送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング, 検品, 包装・梱包, 情報

配送手段の見直し・配送網の整備による最適化

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

ヤマトシステム開発株式会社

出荷や返却の際、宅配便利用による配送コストや梱包資材の増加、保管場所の増大などの問題点を解決すべく、一部の大口出荷先への出荷を、リユース可能な通い箱によるルート便配達に変更したところ、配送コスト約5%の削減に加え、資材コスト約10%の削減、保管場所の削減などの成果をあげた。

生産性, コスト, 電気機械器具, 精密機械器具, 輸送, 配送, 保管

人材品質の強化 ~評価指標の統一による活動意識の向上~

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

高末株式会社

生産性・品質の改善活動を強化するため、その根底にある「人材品質」の向上に取組んだ。構内事業部を横串に管轄する改革推進リーダーの選任に始まり、作業環境が様々に異なる各営業所を同じ指標で評価する共通評価項目の設定。また、各営業所において、取組みが高い水準で維持されるよう地道な活動を実施した。それにより、構内事業全体に改善活動を遵守・継続する風土が根付いた。

品質, 一般機械器具, 電気機械器具, 自動車部品製造, 輸送, 配送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), 運搬, ピッキング

新規業務開始に伴う倉庫内作業改善及び品質向上の取組み

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

株式会社サンリツ

玩具商社の流通加工業務を行うにあたり、在庫の集約管理、倉庫管理システムの導入とあわせて、作業動線を考えたレイアウト改善や作業の分業化・標準化、またQup活動(独自の改善運動)によるヒヤリハット改善の実施などを行い、輸配送コストや管理コストの削減を実現した。

品質, コスト, 医薬・化粧品・塗料, 精密機械器具, 倉庫業, 陸運, 輸送, 配送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), 流通加工

幹線便輸送を利用した配送ネットワーク構築による物流コスト削減の取組み

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

オリンパスロジテックス株式会社

スピード化社会における顧客ニーズに応えるため、配車管理の一元化や固定車輌の運用、四国・中国、九州において幹線配送、直送化削減を行うなど、全国的な配送網の見直しと運用システムの改善に着手した結果、配車管理の一元化により輸送コスト削減を達成するなど、それぞれの取組みでコストダウンを実現した。

コスト, 環境, 物流子会社, 輸送, 配送

物流センターにおける作業時間の短縮と出荷精度の向上

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

株式会社ライフサポート・エガワ

物流センターの作業時間短縮と出荷精度向上を目標として現状分析を行ううえで、作業場を広げて作業する晴天の日に比べて雨の日の方が効率が良いという意見に着目し、現場の作業調整、全体の作業進捗管理を行ったところ、一日当たり40分作業時間を短縮するとともに、誤出荷率を0.07%から0.03%に改善した。

生産性, 品質, 食料品製造, 小売業, 輸送, 配送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

端数品集約保管による庫内オペレーション効率アップ

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

株式会社オカムラ物流

これまで、充実した設備とIT化により全館フリーロケーションでの保管をしていたが、荷役要員の省人化と物流品質の向上を目指し、出荷頻度の調査に基づき商品の形状別保管や小物商品専用ゾーンの設置などを行った結果、一人1時間当たりの出荷件数が19.7%改善された。

生産性, 倉庫業, 陸運, 輸送, 配送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む)

小分作業の改善 ~惣菜パック仕分の改善~

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

アサヒロジ株式会社

一便あたりの店舗への配送ボリューム増加により、予め取り決められた時間までに作業を終了できない現状を改善すべく、入荷調整による製品入荷の波動平均化、シフト調整による作業効率の改善、データ調整による作業開始時間の変更などの対策を講じ、作業終了時間までに作業を終える体制を構築した。

コスト, 小売業, 輸送, 配送, 入出荷(積み降ろし含む), 運搬, 検品, 包装・梱包

酸化亜鉛梱包フレコンの管理方法の改善と輸送コスト削減への取り組み

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

三池精練株式会社

酸化亜鉛の梱包資材であるフレコンの在庫管理作業改善に取り組み、折りたたみ式パレテーナ(ボックスパレット)による空フレコンの回収、フレコン管理表による倉庫での整理・整頓、ローラーコンベヤの活用によるフレコンの先入れ・先出し作業の改善などを行った結果、4日/月の倉庫整理日が不要になったとともに、梱包準備作業時間を1/10に短縮した。また、ミルクラン、往復輸送、積載率向上等、環境に配慮した輸送方法の改善により、輸送コスト21%、CO2排出量を40t/年削減した。

生産性, コスト, 環境, 医薬・化粧品・塗料, 非鉄・金属製品, 輸送

出荷物量のジャストインタイム化による保管在庫物量の抑制

全日本物流改善事例大会 2010
発表事例

SBSグループ ティーエルロジコム株式会社

飽和状態の保管在庫物量を抑制するために、取引先の協力のもと、これまで出荷数量が確定する前の午前中に予測して行っていた仕入れを、出荷数量確定後の午後に行うことで出荷物量のジャストインタイム化を図った結果、総在庫物量の10%削減、実働時間463時間/月の短縮を達成した。

生産性, 小売業, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング