事例集

JILS会員限定サービスとなります。
右上の「ログイン」をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力して下さい。
ユーザー名・パスワードにつきましては、customer@logistics.or.jpまでお問い合わせください。


会員企業の改善例やライブラリー資料など閲覧できます。調査研究や業務にお役立てください。

物流現場改善事例集

全日本物流改善事例大会において2007年以降に発表された優秀事例を検索、閲覧できる事例集です。
※会員の方は、ログインすると事例をダウンロードできます。
※掲載している事例は発表企業の掲載許可を得た事例のみです。


受賞事例にはそれぞれがついています。

  • 物流合理化賞受賞事例
  • 物流合理化努力賞受賞事例

166件見つかりました。

※会員の方は、ログインすると事例をダウンロードできます。

送品原価率の維持向上 -福岡方面積み合わせ便による積載率の向上-

全日本物流改善事例大会 2014
発表事例

株式会社オカムラ物流

DCのTC化に際し、1車当たりの出荷物量減少による原価率の悪化を改善すべく、TC化以前の水準を目標として取り組みを行った。他拠点との積み合わせ拡大による出荷物量の増加や情報の共有化、輸送効率向上を考えた車種の大型化や間引き運行の実施による積載率の向上に取り組んだ結果、当初の目標を超える成果をあげた。

生産性, コスト, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 輸送, 配送

「物量予測」・「進捗・生産性の見える化」・「オペレーション改善」による集品生産性の改善

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

三井倉庫ロジスティクス株式会社

アパレル通販企業の出荷作業について、集品効率の改善として次の施策を行った。①「作業進捗」「作業生産性」の見える化 ②物量予測と人員計画の精度アップ③業務工程一覧表の作成、ムダの改善④個人別生産性の分析と作業者へのフィードバック ⑤より効率的な集品方法の検証・導入 施策実行においては、詳細にわたる分析・検証に力を注いだ。

生産性, 意識・やる気, 陸運, 物流子会社, 海運, 空運, 入出荷(積み降ろし含む)

『からくり治具』で作業効率アップ!

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

日本ロジテム株式会社

新規導入した通販関連の現場において、徹底的にムダを省き、作業性を追及した改善活動を推進した。特に女性作業者からの意見を取り入れ、動作に関する問題点を中心に改善を進め、『からくり治具』というアイデア道具の導入で作業性は著しく向上し作業疲労が大幅に改善された。

生産性, 倉庫業, 陸運, ピッキング, 包装・梱包

顧客のニーズに即応し,信頼と満足を得る

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社テスココンポ

当社の経営方針である『顧客のニーズに即応し、信頼と満足を得る。』を念頭に物流改善を実施した。店頭(販売元)での品だし体験を行い、店頭の立場になり改善項目を抽出。品だし時の大変さを物流側でフォローすることにより、センター方針である『後の人のことを考えた仕事をする』ことを実行した。

生産性, 品質, 意識・やる気, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング, 情報

物量バランスの最適化と無駄の削減による作業生産性の向上

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社エー・エム・エス

マテハン(デジタルピッキングシステム)を使用しての文房具の出荷作業において、エリアごとのピッキング作業の物量を最適なバランスにすることによって、作業生産性を向上させることができた。また、梱包時においてのムダな作業をなくすことによって、作業者の人数を削減することができた。

生産性, コスト, 倉庫業, 物流子会社, 通信, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

包装加工部門の生産性向上 ~倉庫内作業効率化に向けて~ 

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

アサヒロジ株式会社

ギフト製品包装作業において、品質を落とさずに作業工程を統合化することで月間の生産性を対前年比5.2%の向上、約45万円の人件費削減に繋げた。この結果を受けて、コスト削減により、弊社の利益を確保するとともに荷主様の単価改定要望にも応え、更に信頼を得ることができた。

生産性, コスト, 食料品製造, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング, 流通加工

回帰分析を活用した適正作業人員の予測

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社バンダイロジパル

作業生産性の結果と社内計数(変動人件費率)が比例しない現象が起こった。改めてデータ分析を行い、生産性に影響が大きい作業工程を回帰分析し、あるべき「生産性」を導くことが出来た。その手法を結果論だけで終わらせず、予測する手法に転換した。【 本来の生産性を予測する=未来の生産性を予測する=適正人員手配が可能】

コスト, 陸運, 物流子会社, 海運, 入出荷(積み降ろし含む)

プラダン製品加工用原材料の在庫管理(在庫縮減)手法の確立

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社トーコン

プラダン製品を加工する原材料の在庫管理はプラダン事業開始以来確立されたものはなく、長年担当者の勘に頼っていた。結果、原材料の欠品が起きたり、月末在庫が過剰になったりしていたので在庫管理手法を確立し、在庫縮減を図った。また、同時に工場内の整理整頓を行い作業しやすい環境づくりを行った。

コスト, 環境, 物流子会社, 情報

物流管理業務と前後工程を含めた最適化による収益改善

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

コクヨサプライロジスティクス株式会社

物流管理(事務)業務において最適化すべく改善に着手。それを起点に浮彫りとなった重要課題に対し前後工程を巻込んだ輸配送最適化を実施し、加えて構内の荷渡仕分作業軽減と空きスペース捻出も実現した。付帯効果として新規運用取込を行った。事務工数と人員削減・輸配送コストダウン・仕分工数削減・新規運用による収益貢献を実現した。

生産性, コスト, 自動車整備サービス, サービス業, 倉庫業, 通信, 入出荷(積み降ろし含む)

在庫小分け集品部門生産性の向上 ~目標生産性に向けて~

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社ロジワン

在庫小分け集品部門の生産性改善を目指し、直接、間接作業の要素作業を分析した結果、直接作業の集品、間接作業の格納・補充に問題がある事が判明し、集中改善に取組んだ。各作業工程の見直し、集品作業の基準時間の設定による個人別生産性管理、雇用契約の見直し等を行う事で、30%の生産性向上を図ることができた。

生産性, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

品質と生産性向上のためのロケーションの再構築 ~地道な改善活動と現場の知恵とITの融合によるロケーション管理~

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

キムラユニティー株式会社

自動車補給部品の損傷クレームに対して、ロケーション全体の再構築を行い、品質と生産性向上を図った。①間口カートンを見直して保管スペースを捻出。集約管理と出庫方法を改善して損傷クレームを削減した。②台車を改良し、移動工数を削減した。③仕入先別管理から頻度別管理に変更し、動線工数を削減した。④ロケーション移動を自動化し、工数を削減した。

生産性, 品質, コスト, 自動車整備サービス, サービス業, 倉庫業, 通信, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

「姿勢重量点」を導入した安全で働きやすい物流現場づくり

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社エィ・ダブリュ・サービス

海外工場向け部品梱包作業において、作業負荷を評価する『姿勢重量点』を導入し、負荷動作の最小化をテーマに各作業工程において人の動きに適した省力補助器具を考案した。『姿勢重量点』により作業の負荷を定量的に評価することで作業者の肉体的負担を軽減し、安全かつ少ない人員で作業ができる職場環境の整備を行った。

生産性, 安全性, 環境, 化学, 倉庫業, ピッキング

作業手順変更による工程削減 ~手順見直しにより工程を削減し,リードタイム向上および作業負荷を軽減する~

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

ヤマトシステム開発株式会社

返却品全数に対して実施していた作業を、「A級品」のみへ実施するように手順を変更することで、これまで「NG品」に対して実施していた工程(動作確認・クリーニング)を削減することができたほか、リードタイムの向上及び動作確認・クリーニングの作業負荷を90%削減できた。

生産性, 倉庫業, 通信, 検品

入出庫作業の見える化による生産性向上

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社サンリツ

医療機器製品の新規入出庫業務において、立ち上げ時の不具合や作業工数増を未然に防止するため、作業工程の見える化、作業配置見直し、作業台などの5S 、保管方法の変更の4点について改善を実施した結果、不具合発生が0件となり、作業時間を約4h/日削減することができた。

生産性, 倉庫業, 陸運, 海運, 空運, 保管, 入出荷(積み降ろし含む)

荷役効率向上

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

株式会社オカムラ物流

勘と記憶による作業になりがちであった入出庫作業について、荷役作業者との話合いから問題点を洗い出し、製品の受取・格納・集荷・品揃までの作業手順と日々のロケーション管理・登録方法のルール化を行った。また同時に、頻度分析に基づくレイアウト変更も行うことで集荷効率は48%向上、荷役効率全体で24%向上した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む)

魅せられるパーツセンターに向けて「梱包資材の手元化と作業改善による生産性向上」

全日本物流改善事例大会 2013
発表事例

アドバンスト・ロジスティックス・ソリューションズ株式会社

小物入荷梱包工程における梱包作業を、繰り返し作業・都度作業に分けて分析し、レイアウト変更など動作のムダ取りによって生産性を向上した。また、作業の原単位を明確にし、遅れ進みが作業者自身にも分かるようなペースメーカーを作製することで生産性の安定化につなげた。

品質, 一般機械器具, 運搬

出荷部門生産性効率UP ~あるべき生産性を目指して~

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

株式会社ロジワン

出荷業務の生産性改善を目指し、時間帯別のソーター仕分け量と人員数を調査したところ、生産性が著しく低下している時間帯を発見し、その時間帯の生産性を改善すべく集中改善に取り組んだ。仕分け量に合わせた作業スケジュール変更、人員調整等をする事により、全体生産性で前期比110.7%と大幅改善を実現した。

生産性, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, ピッキング

自動梱包の生産性向上 機械エラー削減と個人のバラツキに着目

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

スリーハート・コーポレーション株式会社

自動梱包ラインの生産性向上には、機械の不具合解消が先決という意見が大勢の中、データ検証と真因追究により、人為的な問題もあることを共有し改善に取り組んだ。機械だから仕方ないという既成概念を何故、何故、何故で打破し、機械エラー補正に費やしている時間を70%削減、生産性25%アップを実現した。

コスト, 倉庫業, 陸運, 流通加工

輸送損益改善への取り組み

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

株式会社オカムラ物流

多品種にわたる製品の積載効率向上を目指し、製品の特性に合わせた『積載基準表』を作成。さらに重量製品の実際才数をシステム的に把握できるようにした結果、主力供給拠点への1車当りの平均積載才数1,416才(2008年度比31才/車向上)を実現。改善金額は2008年度からの累計で約640万円となった。

コスト, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 入出荷(積み降ろし含む)

ヒューマンエラー対策 ミスを無くす工夫と仕組みづくり

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

SBSグループ ティーエルロジコム株式会社

特売商品仕分作業で発生する台車店番の記入ミスを無くすため、『検品作業』を方法から心理面に至るまで徹底的に分析することで、ミスを完全に無くすことに成功したほか、改善を進める上で全体最適を考えた人員配置を実施したことにより、検品で必要になった人員を他部署より捻出することができた。

品質, 小売業, 入出荷(積み降ろし含む)

物流システム「ATLAS」による物流会社との新しい関係構築 ~ALL Toray logistics Alliance System ~

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

東レ株式会社

東レグループ各社の物流業務の標準化・効率化を目的に物流システムの基盤「ATLAS」を構築した。本システムは門戸開放型のWEBシステムで、ITインフラに依存せず、自由な物流会社起用を実現した。更に、物流費やCO2を自動計算することで物流設計業務を高度化し、コストを4.4%、CO2を1.8千t削減した。

生産性, コスト, 環境, 繊維・衣服, 医薬・化粧品・塗料, 電気機械器具, 情報

建材異型物の自動積み付けと自動配車システムの構築

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

大和物流株式会社

長尺・不定形の部材を中心に体積・重量・形状と積み付け可能な組み合わせからユニット毎の積み付け係数を設定し、それを基に数値データで自動配車を支援するシステムを構築中。積み付け方法を考慮しなければならない異型物の自動配車システムにより、積算・配車時間が1/24に削減される予想。(3名4時間→1名30分)

生産性, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 配送

離職率の削減と組織改革 ~WINの循環型改善推進とは・・・~

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

三共貨物自動車株式会社

岩瀬DCの課題である従業員の離職率の高さを改善する為、その真因が「働く側のWIN」にあると分析し、「大部屋化」と呼ぶマルチジョブ活動による作業者のWINの創出と、地域の労働力人口減少に対応した2つの雇用戦略によるWINの創出により、離職率を63%削減し、同時に作業品質向上も達成した。

生産性, コスト, 意識・やる気, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む)

コクヨサプライロジスティクス首都圏IDC 収益改善プロジェクトの取組み ~2社協業体制により,物流現場・配送・事務所を含む全費目の改善~

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

コクヨサプライロジスティクス株式会社

センター存続の危機を乗り越える為に全員の意識改革並びに目標達成に向けて倉庫管理会社のコクヨサプライロジスティクス株式会社と作業管理会社である株式会社KTLが協業体制により物流現場・事務所を含む全費目の目標必達に拘って知恵と工夫を集結し、粘り強い改善活動を展開した事例である。

コスト, 倉庫業, 陸運, 入出荷(積み降ろし含む), 包装・梱包

小変メモによる業務改革

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

ヤマトシステム開発株式会社

通販物流業務において、取り扱い件数が伸びる中、限られた人材、場所を有効活用できるよう、小変メモを利用した改善に取り組み、お客様の事業伸長への対応(年150%キャパシティ改善)、作業品質の向上(効率改善時の品質低下への改善)、作業者意識改善(小変メモ活用による改善活動への参加)を実現した。

生産性, 品質, 倉庫業, 物流子会社, 通信, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング, 包装・梱包

ローラーコンベヤ導入・動線変更によるピッキング生産性10%以上UP!

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

株式会社丸和運輸機関

作業生産性10%UPと作業ストレス軽減を目的とし、ピッキング動作、商品特性、レイアウト変更を分析し、改善に取り組んだ。直線動線を確保した上で、ローラーコンベヤを導入し、ピッキング時の負担を軽減した事により、作業生産性が昨年対比20%アップとなり、作業人件費年間約114万円の削減を実現した。

生産性, コスト, 環境, 倉庫業, 陸運, ピッキング

ピッキング時間と移動時間の短縮による作業生産性の改善

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

三井倉庫ロジスティクス株式会社

ピッキング作業の生産性向上を目指し、生産性の高い作業者の集品方法を全員で共有し、チェックリストを用いて作業の標準化を行った。さらにメトロノームを活用して歩行速度を一定にする訓練を実施した。また、ロケーションの細分化や動線の短縮を行い、探す時間や移動時間を削減させ、作業生産性を21%改善させた。

生産性, 品質, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, ピッキング

超カスタマイズ・トータル・ピッキングのすすめ

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

遠州トラック株式会社

既存環境(受注締め後、間を置かずピッキング開始、最小の集品置場等)で、便毎のダイレクトピッキングしかできないと思い込んで作業していたものを、環境に特化したトータルピッキングシステムを構築し運用した。さらには改善によるボトルネックにも対応し、延べ984分/日分の作業時間短縮を実現した。

生産性, コスト, 倉庫業, 陸運, ピッキング, 情報

出荷体制の改革による作業生産性の向上

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

アサヒロジ株式会社

個人の作業になり易いピッキング作業を、「進捗状況の見える化」「作業員の多能化」など、情報と個別作業を仕組みとして事業所内で共有し、9.4%の作業生産性の向上に繋げ、コストを約420万円削減した。また、ピッキング方法の改善に伴い出荷体制も見直し、状況変化に柔軟に対応が出来る体制を構築した。

生産性, コスト, 食料品製造, 倉庫業, 陸運, 物流子会社, 入出荷(積み降ろし含む), ピッキング

業務品質向上による信頼回復と環境への対応

全日本物流改善事例大会 2012
発表事例

株式会社ロジスティクス・ネットワーク

2期棟を社外賃貸する事による、待ったなしのスペースの創出と運用の構築に取り組み、ベンダーの入荷管理徹底と構内作業のレベルアップにより、ドライバーの構内労働時間30%軽減と商品破損90%削減を達成。構内作業重視のセンターから運送重視のセンターへ脱却!また店舗様と連携し運行効率を高める事でCO2を22%削減した。

生産性, 安全性, 環境, 食料品製造, 倉庫業, 物流子会社, 輸送, 保管, 入出荷(積み降ろし含む), 運搬