講師紹介

講師陣(2017年度)
講師 担当講義 所属
圓川隆夫 (1) 特別講義
(2) SCM総論 SCMとリスク
職業能力開発総合大学校長
東京工業大学名誉教授
藤野直明 (3) 経営とSCM (株)野村総合研究所
主席研究員
鈴木定省 (4) CRT演習による課題研究とディスカッション
(10) SCMスコアカードとSCMの課題
東京工業大学 工学院
経営工学系 准教授
高井英造 (5) サプライチェーンネットワークとフレーム
(12) 意思決定モデルと最適化モデルの基礎と応用
(株)フレームワークス
特別技術顧問
野本真輔 (11) SCMにおける需要予測と在庫最適化 (株)構造計画研究所
製造BPR営業部 営業担当部長
三枝利彰 (6) プロセスモデル(SCOR)と業務プロセス改革 (株)日本ビジネスクリエイト
取締役シニアディレクターコンサルタント
垣見祐二 (7) 調達からみたサプライチェーン経営戦略 (株)JERA
代表取締役社長
中山健 (8) 生産スケジューリングとサプライチェーンBOM (株)日立ソリューションズ東日本
チーフコンサルタント
貝原雅美 (9) サプライチェーン計画マネジメントとS&OP KAIコンサルティング
代表
伊倉義郎 (13)ORを使った最適化モデルと企業戦略への活用 (株)サイテック・ジャパン 代表取締役社長
東京工業大学 非常勤講師
樋口恵一 (14) SCMにおけるロジスティクスマネジメント (株)川崎陸送
代表取締役
市川隆一 (15) 消費財流通のチャネル戦略とSCM (株)サプライチェーン経営研究所
代表取締役
碓井誠 (16) サービスイノベーションとSCM/DC連携 (株)オピニオン 代表取締役
京都大学経営管理大学院
特別教授
川島孝夫 (17) SCMのリスク・マネジメント 元東京海洋大学大学院教授
鍾淑玲 (18) マーケティングとSCM 東京工業大学 工学院
経営工学系 准教授
森川健 (19) サプライチェーン可視化とトレーサビリティー (株)野村総合研究所
社会システムコンサルティング部
上級コンサルタント
橋本雅隆 (20) グローバル/サプライチェーン戦略 明治大学専門職大学院
グローバル・ビジネス研究科教授
講師プロフィール
圓川隆夫
<(1) 特別講義><(2) SCM総論 SCMとリスク>
職業能力開発総合大学校長、東京工業大学名誉教授
  
1988年より東京工業大学教授。専門は、SCM、品質管理、生産管理。同大学評議員、社会理工学研究科長、イノベーションマネジメント研究科長を歴任、2015年同大学名誉教授、2016年より厚生労働省所管職業能力開発大学校長に就任。日本品質学会会長。経営工学関連学会協議会(FMES)会長等を歴任。政府関係では輸出入関連やグローバルSCMの可視化のための財務省、国交省等で審議会委員や多くの委員会、懇談会の座長としても活躍。理論と実践をモットーに、SCMの簡易ベンチマークツールとしてのLSCやGSCを開発して国際的な企業解析を展開。2010年度デミング賞本賞、2013年紫綬褒章など多数の受賞。著書「戦略的SCM」(日科技連、2015)、「顧客満足CSの科学と顧客価値創造の戦略」(日科技連、2015)、「オペレーションズ・マネジメントの基礎」(朝倉書店、2009)、「我が国文化と品質」(日本規格協会、2009)他、著書、論文多数。
藤野直明
<(3) 経営とSCM>
(株)野村総合研究所 産業ITイノベーション事業本部付 兼 コンサルティング事業本部 グローバル製造業コンサルティング部 主席研究員
  
早稲田大学理工学部物理学科卒業、東京大学大学院工学系研究科、先端学際工学専攻博士課程(情報技術社会相関部門)単位取得。専門領域として行政(国土交通省、経済産業省、財務省他)へのシンクタンク業務に加え、 幅広く多数の民間企業の SCM 革新コンサルテーション業務に従事。日本小売業協会 CIO 研究会コーディネーター。ロボット革命会議ワーキンググループメンバー。 著書「サプライチェーン・マネジメント~企業間連携の理論と実際~」(共著:朝倉書店:2004)、「サプライチェーン理論と戦略」(共著:ダイヤモンドハーバードビジネス編集部:1999))、「サプライチェーン経営入門」(日本経済新聞社;1999)他
鈴木定省
<(4) CRT演習による課題研究とディスカッション>
<(10) SCMスコアカードとSCMの課題>
東京工業大学 工学院 経営工学系 准教授
  
東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻修了。専門はSCM、ロジスティクス、生産管理。SCM効率化を阻害する要因に着目し、情報の流れ、物の流れそれぞれの立場から「可視化・見える化」を行い、効果的効率化に向けた指針を得ることを目標に、数理モデル化や統計的手法をはじめとする工学的アプローチによる研究、ベンチマーキングツールとしてのSCMスコアカードを用いた企業分析等に従事。著書「経営情報システム」(共著、中央経済社 2014)、論文「市場の不確実性の大きさを考慮したSCM性能と経営成果との関連性分析」(日本経営工学会誌Vol.60)他。
高井英造
<(1) オリエンテーション:サプライチェーンのフレーム>
<(12) SCMにおけるORの活用:経営科学による経営意思決定>
(株)フレームワークス 特別技術顧問
  
コロンビア大学工学部大学院(経営科学)修了(M.S、1965)。三菱石油(株)数理計画部、エネルギー調査部長を経て、静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)、多摩大学大学院客員教授、文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター客員研究官等を歴任。日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー(元副会長)、生産性本部APICS日本代表部顧問、CSCMP,米国経営工学会(INFORMS)、日本経営工学会、経営情報学会、物流学会等正会員。 著書 「問題解決のためのオペレーションズ・リサーチ入門(共著)」(日本評論社)ほか。 論文 「ロジスティクス高度化へのオペレーションズ・リサーチの役割」科学技術動向No91文科省(2008) 他。
野本真輔
<(11) SCMにおける需要予測と在庫最適化>
(株)構造計画研究所 製造BPR営業部 営業担当部長
  
東京工業大学大学院(経営工学)を修了後、日産自動車に勤務しIEとして、現場改善、生産準備、生産管理などを担当。その後、(株)構造計画研究所入社。同社において、OR、SCM、在庫管理などに関して工学を用いた問題解決のコンサルティングおよびシステム開発に従事。技術士(情報工学)。 著書「FACTOR/AIMによる実践シミュレーション」共立出版 2001、 翻訳「生き残るための生産管理マネジメント」 2005年日経BPほか。日本オペレーションズ・リサーチ学会、スケジューリング学会会員
三枝利彰
<(6) プロセスモデル(SCOR)と業務プロセス改革>
(株)日本ビジネスクリエイト 取締役シニアディレクターコンサルタント
  
東京工業大学大学院(経営工学専攻)を修了後、大手メーカーに勤務し、全社および事業部門における業務プロセス改善活動の推進や、都市情報インフラ整備事業の企画・営業に携わる。その後(株)日本ビジネスクリエイトにて、製造業を中心としたSCM、公共系企業のオペレーション改善や調達マネジメント等、企業組織横断のプロセス変革コンサルティングに従事。また、サプライチェーンカウンシル(SCC)日本支部のボードメンバー、SCORインストラクターとしてSCORの開発・啓蒙にも力を注ぐ。
 ▲page_top
  
垣見祐二
<(7) サプライチェーン経営戦略 ~電力会社の資材・燃料調達改革事例を中心に~>
株式会社JERA代表取締役社長
  
沼津高専工業化学科卒業、和歌山大学経済学部卒業後、1977年中部電力(株)に入社。企画部にて経営企画、電力需要想定等を担当。日本経済研究センターおよびミュンヘンifo経済研究所にて研究員。中部電力ワシントン事務所駐在を経て1997年資材部に移り、資機材・サービス調達改革(調達SCM)を推進。その後、新規事業部長、エネルギー事業部長を経て、2008年燃料部長。石炭トレーディング事業の展開や米国LNG輸出プロジェクト参画等の燃料調達改革を推進。2012年専務執行役員、燃料部・国際事業部を統括。2015年中部電力を退任。株式会社JERA代表取締役社長に就任し、現在に至る。また、2005~2006年Supply Chain Council(SCC)日本支部チェアマン。
中山健
<(8) 生産スケジューリングとサプライチェーンBOM>
(株)日立ソリューションズ東日本 チーフコンサルタント
  
秋田大学大学院工学資源研究科(土木工学専攻)修了。(株)日立ソリューションズ東日本入社後、(株)日立製作所 海外システム部にて中国、韓国、東南アジア地域のシステム輸出ビジネスを経て、SCM計画系パッケージ・ソリューションビジネス、およびビジネスプロセス指向の業務改善コンサルティングに従事。 SCC(Supply Chain Council)日本支部設立時から活動に参画しSCOR(Supply Chain Operations Reference model)の普及・啓蒙活動を継続。2007~2008 SCC日本支部チェアマン。現バリューチェーンプロセス協議会(VCPC)理事。(株)日立製作所認定データ・アナリティクス・マイスター。日本オペレーションズ・リサーチ学会会員。著書「BIソリューション総覧」(共著、産業技術サービスセンター2009)。
貝原雅美
<(9) サプライチェーン計画マネジメントとS&OP>
KAIコンサルティング 代表
  
岩手大学工学部機械工学科卒業。富士通㈱に入社し、ショップフロア制御システムの設計・開発を担当。その後米国富士通に赴任し、業務改革やERPシステムの設計・開発に従事。帰国後は、富士通の製造業向けERP ビジネスの立ち上げとSCMビジネスの企画・導入に対するコンサルティングに従事。その後米国i2テクノロジーズ社に入社し、コンサルティング・マーケティング・セールスの各ディレクターを歴任。前ニューヨーク市長ルドルフ ジュリアーニ氏と共にジュリアーニ コンサルティングの日本法人を立上げるためi2社を退社し、内部統制、J-SOX、リスク管理等の支援を行う。2008年以降は組織にとらわれない業務改革請負人としての活動を開始し、現在はITを活用した経営改革、SCM改革、業務改革等の研究、支援を行う一方、大学、企業への講師・講演活動も行う。
伊倉義郎
<(13) ORを使った最適化モデルと企業戦略への活用>
(株)サイテック・ジャパン 代表取締役社長
  
東京大学理学部物理学科卒業後、東京大学工学系研究科情報工学科修士、コーネル大学工学部インダストリアル・エンジニアリング・アンド・オペレーションズ・リサーチ学科で組み合わせ最適化でのPh.D.を取得。パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社(サンフランシスコ)、AT&Tベル研究所(ニュージャージー)主任研究員等を経て、1993年米国法人SAITECH, inc. を設立、その後日本法人(株)サイテック・ジャパンを設立。日米で多くのサプライチェーンやロジスティックの最適化プロジェクトやソフト開発に従事。米国INFORMSの実務研究部会主査や日本OR学会理事。東京工業大学、慶応大学、南山大学で非常勤講師。米国OR専門誌やIEEEなどに理論的論文を20本、日本OR学会誌にORの実務紹介記事「エデルマンの勇者たち」の連載、他。
樋口恵一
<(14) SCMにおけるロジスティクスマネジメント>
(株)川崎陸送 代表取締役
  
慶應義塾大学経済学部卒業、1983年、ミシガン州立大学にてMBA(Materials & Logistics Management)を取得。米国の食品会社でロジスティクス業務に従事。2001年、川崎陸送株式会社取締役社長に就任。JILSロジスティクス経営士委員会委員、国土交通省、日本倉庫協会、全日本トラック協会等の各種委員会委員などを務める。2011年11月『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』(ベティー・キルドウ著)をプレジデント社より翻訳出版。2012年、物流・運送業界のための教育支援サイト「ロジスタ」(YouTubeで誰でも受講できる物流の基本についての授業)を企画し、講師として参加。
市川隆一
<(15) 消費財流通のチャネル戦略とSCM>
(株)サプライチェーン経営研究所 代表取締役
  
法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。大手物流会社にて情報システム、営業開発、ロジスティクス戦略、コンサルティング各部長職を歴任後、㈱日本ロジスティクス研究所代表取締役を経て現職。多摩大学大学院経営情報学科 客員教授(2008年~2011年)。
専門分野:SCM、ロジスティクス、流通システム、製配販連携、ダイレクトマーケティング。
所属学会:日本物流学会、日本ダイレクトマーケティング学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会。
論文:「流通システムの変容と消費者起点物流に関する一考察」(MHジャーナル 2004)、「SCM推進活動を阻害する日本的商慣行の弊害」(経営とロジスティクス 2008)「次世代型フルフィルメント機能への変革の重要性に関する一考察」(日本ダイレクトマーケティング学会全国大会 2010)、「オムニチャネルによる流通イノベーション」(『流通ネットワーキング』日本工業出版 2015)、「オムニチャネルで問われるアクチュアル・オペレーション」(日本ダイレクトマーケティング学会 NEWS LETTER 第14回全国研究発表大会特集号 2015)
 ▲page_top
  
碓井誠
<(16) サービスイノベーションとSCM/DC連携>
(株)オピニオン 代表取締役
京都大学経営管理大学院特別教授
  
同志社大学工学部卒。1978年セブン-イレブン・ジャパン入社。業務プロセス改革と連動したシステム構築、SCM、DCMの全体領域の一体改革を推進。米セブン-イレブン再建、ATM事業、インターネット事業などを手掛ける。2000年、常務取締役情報システム本部長。2004年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)取締役副社長、2010年3月より同シニアフェロー。2009年芝浦工業大学大学院教授。2010年京都大学経営管理大学院特別教授。
産官学連携によるサービス産業の生産性向上活動として独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問(サービス工学研究センター)や委員会に参加。著書「セブン-イレブン流サービス・イノベーションの条件」日経BP(2009)、「実践CRM」(共著)生産性出版(2009)他。
川島孝夫
<(17) SCMのリスク・マネジメント>
元東京海洋大学大学院教授
  
大阪外国語大学卒。 味の素ゼネラルフーヅ(株)入社、情報システム部課長、情報流通部長、インフォメーション・ロジスティクス部長、ロジスティクス部長兼情報システム部長等を歴任、その間に米国本社において3ヶ月Logistics研修を受講。同社常勤監査役を経て2006年東京海洋大学客員教授、2007年~2012年東京海洋大学大学院海洋科学研究科教授(食品流通安全管理専攻)。(財)日本ロジスティクスシステム協会能力開発委員会委員及びロジスティクス経営士資格認定講座委員長、千葉敬愛大学経済学部非常勤講師、産能大学通信教育学部非常勤講師、(財)海外技術者研修協会主任講師、日本生協連品質評価委員、味の素ゼネラルフーヅ(株)非常勤顧問
鍾淑玲(しょう しゅくれい)
<(18) マーケティングとSCM>
東京工業大学 工学院 経営工学系 准教授
  
京都大学大学院経済学研究科修士課程、立命館大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。国際教養大学国際教養学部専任講師を経て現職。専門はマーケティング、流通。アメリカ・マーケティング協会、日本商業学会、日本流通学会、アジア経営学会等正会員。著書は『製販統合型企業の誕生』(白桃書房)、『発展する中国の流通』(共著、白桃書房)、『小売企業の国際展開』(共著、中央経済社)、『海外企業のマーケティング』(共著、同文館)、『流通論の基礎(第2版)』(共著、中央経済社)、『製配販をめぐる対抗と協調』(共著、白桃書房)、『日本企業のアジア・マーケティング戦略 』(共著、同文館)など。
森川健
<(19) サプライチェーン可視化とトレーサビリティー>
(株)野村総合研究所 社会システムコンサルティング部 上級コンサルタント
  
東京理科大学理工学部土木工学科卒業、東京理科大学理工学研究科土木工学専攻修了、1990年(株)野村総合研究所に入社して以来、物流に関わるコンサルティング業務に携わっている。初期は国内外の港湾や空港、流通団地等の物流インフラの計画に携わることが多かったが、1990年代後半からは物流やサプライチェーンに関わる民間企業に関わるコンサルティング業務に数多く関わっている。 特に物流×ITや、物流×環境に焦点をおいた専門性を有している。近年はRFIDやエコドライブ等の各種実証実験のプロジェクトに多く従事している。  日本ロジスティクスシステム協会のロジスティクス大賞ノミネート委員会委員。 著書「港湾IT革命」。
橋本雅隆
<(20) グローバル/サプライチェーン戦略>
明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授
  
早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。明治大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。博士(商学) 三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、東京都労働経済局、横浜商科大学商学部教授を経て現職。専門はロジスティクスマネジメント論、国際物流論。 日本物流学会理事、日本経営関連学会協議会幹事。 著書 「自動車部品調達システムの中国・ASEAN展開―トヨタのグローバル・ロジスティクス(共著)」中央経済社(2010)。「ロジスティクス概論(共著)」実教出版(2007)。 論文「わが国小売チェーンの国際調達における直接混載物流(直流)化の意義」横浜商科大学(紀要9巻)、「ASEAN交通網における東西経済回廊の意義と国際交通網発展への課題」横浜商科大学(論集43巻)など多数。
 ▲page_top