物流技術管理士補資格認定コース

物流技術管理士補資格認定コース(旧 物流技術管理士補スクーリング)とは

【ロジスティクスに関する基礎知識 → 実務で応用】
習得している物流・ロジスティクスの基礎知識を、実務で物流合理化策を立案する際にどのように応用すればよいのか。
本コースは、企業事例を用いて、コストダウンを念頭においた物流合理化策の立案する「グループ演習」に取り組むことを通じて、習得している基礎知識を実務で応用し、成果を出せる人材を育成することを目的としています。

【コースの特徴】
・様々な知識・知見・経験を持ったメンバーで構成されるグループ演習におけるディスカッションを通して、新たな視点や取り組みのヒントを得ることができます。
・通信教育、「ロジスティクス基礎講座」等で学んでいただいたことを整理・再確認していただくために、受講前に課題レポート(文字数2,000字程度)をご提出いただきます。
  なお、提出した課題レポートは、講師2名が事前に確認し、コース当日に講評を行います。
・本コースを修了された方には、当協会より「物流技術管理士補」の資格を授与いたします。
・「物流技術管理士補」資格取得者の方は、 「物流技術管理士資格認定講座」や「国際物流管理士資格認定講座」を優待料金にてご受講いただくことが可能です。
・2017年度から、JAVADAのロジスティクス検定(ロジスティクス管理またはロジスティクスオペレーションの2級もしくは3級)の合格者も受講可能になりました。(企業での実務経験を有する方)

【2017年度】 日程が確定しました。

 開催名

  開催地区

              開催日

   申込

 パンフレット

 2017(大阪)
大阪
2017年7月11日(火)~12日(水)
終了
 2017(東京・夏)
東京
2017年8月22日(火)~23日(水)
終了
 2017(名古屋)
名古屋
2017年10月12日(木)~13日(金)
終了
 2018(東京・春)
東京
2018年2月15日(木)~16日(金)
受付中

 

【2016年度】

 開催名

  開催地区

              開催日

   申込

 パンフレット

 2016(大阪)
大阪
2016年7月12日(火)~13日(水)
終了
 
 2016(東京・夏)
東京
2016年8月23日(火)~24日(水)
終了
 2016(名古屋)
名古屋
2016年9月27日(火)~28日(水)
終了
 2017(東京・春)
東京
2017年2月14日(火)~15日(水)
終了

 

【受講条件】

・ JILS「ロジスティクス基礎講座」修了者
・(学)産業能率大学「物流の仕事がわかるコース」および「物流技術を極めるコース」両コースの修了者
・東京海洋大学大学院「食品流通安全管理学」講義における所定単位取得者
・流通経済大学流通情報学部ならびに大学院物流情報学研究科における所定単位取得者
中央職業能力開発協会( JAVADA)のロジスティクス検定の「ロジスティクス管理」または「ロジスティクス・オペレーション」の2級もしくは3級の合格者かつ企業等での実務経験を有する方

<必須> 受講前に課題レポートをご提出いただきます。お早めにお申込ください。