グリーンロジスティクス実践コース、グリーンロジスティクス管理士資格認定試験

【本プログラムのねらい】

本プログラムは、「産業界で求められるグリーン物流人材像」の育成を図る専門プログラムです。

【本プログラムの構成】

【①グリーンロジスティクス実践コース】

<特長>
・講義とケーススタディにより、グリーン物流人材に求められる専門知識とスキルを習得しただきます。
・本コースで習得した内容を、自業務や自職場で活用する方策を検討いただくための課題シートを作成・提出していただきます(受講前・後で計2回)を目指します。
・本コースの修了者で別途お申し込みをいただいた方には、「グリーンロジスティクス管理士資格認定試験」の受験が可能です。
・コースのみの受講や一部の単元のみの聴講も可能です。

<受講対象>
・本コースは、中堅社員クラスで、下記の部門等の方を対象としております。
  ●製造業・流通業・物流業の物流・ロジスティクス部門や環境・CSR・経営企画部門
  ●物流業の営業・3PL部門
  ●そのほか、グリーン物流に関する専門知識とスキルを習得したい方

<修了条件>
・全日程(7日間)のうちの5日以上出席すること。
・第5単元(総合演習)に出席すること。
・課題のすべてを遅滞なく提出していること。
 

<カリキュラム概要>

  単元

              講義内容

開講式・オリエンテーション  

第1単元
環境概論

(1日)

・地球環境問題とグリーンロジスティクス
・環境関連法制度と各種支援策
・環境負荷の算定
第2単元
環境・CSR経営

(1日)
・環境マネジメントシステム
・CSR、環境コミュニケーション
・環境会計、排出量取引、環境負荷の見える化
第3単元
環境改善

(3日)
・ネットワーク、輸配送効率化
・実輸送管理
・包装改善
・物流拠点の省エネ・創エネ・節電
・廃棄物・資源有効活用
・事例紹介
第4単元
環境提案

(1日)
・環境提案
・環境ビジネス
第5単元
総合演習

(1日)
・ケーススタディ

【②グリーンロジスティクス資格認定試験】

<特長>
・グリーンロジスティクス実践コースの修了者で別途お申込みいただいた方を対象に実施いたします。
・レポート試験と面接試験にて、合否を判定いたします。
 
  [ レポート試験]

・今後の自業務や自職場での活用を意図した「コスト削減・省エネ・環境負荷低減計画書」を作成していただく予定です。
・グリーンロジスティクス実践コースの終講式で出題し、作成期間は約2か月間を予定しております。

  [ 面接試験]
・グリーンロジスティクス実践コース受講時からの専門知識やスキル当の伸長度合いを確認いたします。また、レポート内容についての指導・アドバイスも実施いたします。
・1人あたり20分を予定しています。

<合格基準>
・レポート試験(50点満点)で30点以上。
・面接試験(50点満点)で30点以上。

<資格更新>
・「グリーンロジスティクス管理士」資格は一定期間の有効期限を設けております。資格更新には課題レポートの提出が必要です。


2015年度開催パンフレット(pdf)

pdf_icon



グリーン物流人材のステップアップイメージとJILSのソリューション

JILSでは、本プログラムで専門知識とスキル等を習得後、社内外での積極的な活動を展開し、その成果等を広く産業界等に普及・啓発できる人材の育成に向けて、様々なソリューションをご用意しております。

 

「グリーンロジスティクス管理士」 の活躍状況

・ ここでは「第2期グリーンロジスティクス管理士」(2006年度資格取得)が、5年ほどの間で取り組んだ事項や成果の一部を資格をご紹介いたします。