過日10月27日(火)に開催された「関西物流改善事例発表会2015」について、聴講者からの質問と発表企業からの

回答を下記します。(発表順)



【国分株式会社の発表について】

(質問)

ピッキング数量確認後ランプを消すとなっていますが、慣れがでてくると必ず先に消してしまうということもあると思います

が、教育だけで大丈夫なんですか?弊社でも現状、色をかえてみたりボタンを押すなど改善しましたが、誤出庫は

残ってます。(数量入力)いろんな事をためしてみましたが、「なれ」で戻ってしまって困ってます。

(回答)

確かにご指摘されるとおり「なれ」で戻ってしまうことはあります。また人の入替等もございますので、なかなか定着しない

場合もございますが、朝礼や掲示板、POP等での発信、ミス多発者への個人面談等を行うことで習熟度を高めています。

また最近の取組みでは各ラインの責任者同士で会議体を開き、情報交換を積極的に行っています。各ラインのよい所、

やり方を共有することで、センター全体の能力UPを目指しております。

(質問)

検品精度向上について、改善前と改善後の具体的な内容をお聞かせ下さい。(どのように検品作業を行っているか、

機材を使用するのかリスト等を使用するのかなど)

(回答)

検品は集品作業後に個数検品おこなっておりましたが、各ラインでのルールが曖昧なものとなっていました。そこで検品

運用を見直し、『目視と手入れ検品』で漏れなく検品を実施するように致しました。また各ラインに熟練者(発見率が高い

方)を配置することで、センター全体のバランスを取り、後輩の育成も進めていきました。

また目標を共有化することで、当事者意識を高め、高いレベルでの作業を実施して頂きました。

(質問)

資料3.3 に「基本ルールの遵守」とありますが、ルールを守っていただくために苦労なさったこと、また工夫された点が

あればご教授ください。

(回答)

やはり慣れや思い込み等習慣化してしまったものを変えることは簡単ではありません。継続的な指導を根気よく続ける

ことで少しづつ定着させていただきました。また次の段階として、作業者同士で仕組を作っていくような環境づくりが必要

だと考えます。意見交換する場を提供し、一人一人が当事者意識を持ち、改善を行う組織を目指して行きたいです。



【株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコサービスの発表について】

(質問)

ピッキングは目視で行っている(ハンディ等は使用していない?)が思い込みとか、 見間違いはないのでしょうか?

クレーム発生率 0 になるには、ルールの明確化や2Sだけでは難しいと思うのですが・・・。

(回答)

本物流のピッキング作業は、BtoC、BtoBともにWMSが搭載されたタブレットパソコンに当該商品とそのロケーションが

表示され、商品をピックし、ハンディスキャナーによりそのバーコードを読み取る流れとなっております。目視検品のみ

では無いため、表示された出荷指示通りに作業をすれば基本的にミスは発生しない仕組みになっていると

思っておりました。しかしながら、実際に業務立上げ以降、数量過不足や商品の誤ピックが多く発生してしまいました。

原因は多々ございました。例えば、

・『バーコードを読み取るタイミングは商品をピックし、ピック桶に入れる時』?といった細かな作業手順まで落とし込まれて

いなかった

・正箱orバラの表示や保管方法などのルールが統一されていなかった

・効率的だと思って纏め作業をやってしまっていた

などといった、作業者が勝手に判断してしまう、所謂"ミスを起こし易い現場"となっておりました。

物流品質向上に向けてご指摘の通り、WMSの更改などの他の対策も平行して実施はしておりました。

とは言え、発生クレームの要因分析を"なぜ×5回"で追求すると、最終的には作業者の意識や作業する環境(2S、

ルールの徹底)が多分に起因しているという結論に至りました。

そのため、座学やOJTなどを積極的に実施により、作業者の意識改革と相互で注意出来る環境作りを重点的に取り組ん

だ次第でございます。



【STARLECS株式会社の発表について】

(質問)

早期連絡でクレームは減るのはわかりますが、?商品違い、過不足、誤配も減ったのはなぜですか?

前もってわかって、お客様に連絡いれたということでしょうか?

(回答)

こちらのクレームについては、その事故の原因となるものが必ずあるので、物流会社が原因と対策を出し、それが

正しいかを対策会議で話し合い、改善案を実行することでし減らしていきました。

改善例(改善方法)として、ロケーションの変更や二次検品などです。

 国内市場の縮小や規制強化等我が国の物流を取り巻く環境は変化の中にあります。そして今、物流業界は現在深刻な労働力不足に直面しています。

 産業活動において、モノを動かす物流はよく人体における血管に例えられますが、この深刻な労働力不足、特にドライバー不足は血液を送り出す心臓そのものが弱りつつあるということを示していると言えるかもしれません。

 そのような状況の中、「これからの物流企業のあるべき姿」はこれまでの姿とは異なるものであることは間違いありません。では、「これからの物流企業のあるべき姿」とはどのような姿なのでしょうか。

 JILS中部支部では「これからの物流企業のあるべき姿」を模索し、発展的継続的な経営を志向される物流企業の方にご活用いただける情報をご提供しつつ、関係者相互の連携を図る取り組みのきっかけとしてご活用いただきたく、本年度より「『選ばれ続ける物流企業』のための研究会を開催いたしております。

 今回の記事は去る11月17日に開催いたしました本研究会第1回会合における講演の様子をご紹介いたします。

第1回の会合では、物流企業が継続して利益を確保していくために、顧客だけではなく社員や社会から「選ばれ続ける企業」となることが必要であるという前提のもと、物流企業における心臓、すなわち「人」とどのようなコミュニケーションを構築すべきかという視点から講演を行いました。

 講師の山田泰荘氏(株式会社ヤマネット代表取締役)は実際に運送会社を経営しつつ、「物流応援団」の団長として、物流企業の人材育成に熱心に取り組んでおられます。

 山田氏の、物流現場の肌感覚に基づいたご講演は、まさに物流企業がそのあるべき姿を目指すうえで最も重要なポイントを明確にされた内容でありました。山田氏の迫力あるご講演は実際にライブで体験していただくことがベストではありますが、ご参考までの当日の講演内容を以下にてご報告いたします。

山田講師の講演録はこちら↓
「選ばれ続ける」物流企業のための研究会_第1回会合_講演録.pdf


参加者の皆様からは、

「現場だけでなく業績向上含め企業経営の全てにおいてコミュニケーションの大切さを痛感した」 (物流子会社 役員)
「目標を達成するために、思う→行動する→継続するを実践したい」 (物流企業 リーダー)
「人や顧客との関係をどう認識し、改善するかが物流企業経営の要諦であることを理解できた」(物流企業 部長)

といったご感想をいただきました。参加された皆様にとって、今後の取り組みの参考としていただけたと思います。


本研究会は計3回の会合によって構成されております。
1月に第2回、2月に第3回の会合を実施いたします。


会期途中からのご参加も受け付けておりますので、ぜひご検討ください。

詳細は当HPの以下のページをご覧ください。

http://jils.force.com/StudyDetail?productid=a0R1000000KkoGiEAJ

以上

日本ロジスティクスシステム協会と日本ロジスティクス研究会が主催する全日本物流改善事例大会にて発表された物流

改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」、「物流合理化努力賞」が

贈られます。全日本物流改善事例大会2015では、「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、30件の改善事例が発

表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞4件が決定いたしました。


※受賞事例の詳細はタイトルのリンクからご覧ください。(PDFファイル/「ロジスティクスシステム2015夏号」掲載)


【物流合理化賞】

タブレット端末導入による作業標準化について(品質・効率の向上)

  受賞企業 : 佐川グローバルロジスティクス株式会社


大型ビニール袋の取り出し性改善(大型ビニール袋の収納具の開発)

  受賞企業 : 株式会社スバルロジスティクス


メーカーに出来る物流改善「外装表示/設計の最適化」で、作業効率化、物流品質向上を目指す!

  受賞企業 : 味の素株式会社


【物流合理化努力賞】

通信機器リサイクル業務の効率化

  受賞企業 : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコサービス


荷主企業と3PL企業による協同作業改善とゲイン・シェアリング

  受賞企業 : 株式会社おおさか協同物流センター ・ 株式会社流通サービス


格納工程のバラツキ改善による生産性の向上

  受賞企業 : 東芝ロジスティクス株式会社


梱包効率の改善と出荷品質向上をローコストで実現

  受賞企業 : 株式会社ヒガシトゥエンティワン


全日本物流改善事例大会2016は2016年4月21日(木)・5月27日(金)に開催予定です。

2月下旬よりHP等でご案内をいたします。

2016年度大会は、下記のスケジュールにて発表事例の募集をいたします。皆様のお会社の積極的な改善の取り組みと

成果をぜひご応募ください。

  • 事例募集開始 開始しました!
  • 事例募集締切 2016年1月22日(金)
  • 事前選考通知 2016年2月下旬
  • 大会開催日   2016年4月21日(木)・5月27日(金)

  2016年度発表事例募集のご案内
  ※詳細は上記の2016年度大会の募集ページをご覧ください。

「在庫適正化実践セミナー」を2015年11月12日(木)に大阪リバーサイドホテル(大阪市都島区)にて、22名の出席のもと開催いたしました。

午前中は、株式会社MPCi 代表取締役 主席コンサルタント 太田 達也氏より、荷主企業における在庫のあり方や、在庫適正化に向けた基準の設定と適正基準を維持するためのポイントについての講義がなされ、在庫適正化へのアプローチとしてPSI計画のご紹介等をいただきました。

午後からは、マネジメント・プロセス・コンサルティング株式会社 コンサルタント 梅村 康一氏の指導のもと、社長特命のタスクフォースチームメンバーとして、在庫・出荷に関するデータ等に基づく現状分析、問題分析と改善案立案を行うケーススタディにグループ演習形式で取り組みました。特に、トータルの在庫日数を基準以下におさえつつ、各セグメント別の目標在庫日数を設定する部分では、各グループとも、ノートパソコンの表計算ソフトを用いて、活発に意見交換、議論されている様子がうかがえました。
また、検討された内容は「経営会議」(グループ発表)の場において、各グループにご発表をいただきました。

太田、梅村両講師からは、「在庫そのものは悪ではなく、役割を果たしている在庫は理論的に説明がつくもの。役割以上の在庫が悪(ムダ)であり、その適正化に向けては適正な在庫基準を設定し、そのレベルを維持しなければならない。そのための1つのポイントはセグメント化である。現在、自社でどのようなセグメント化がなされているのかを調べてみる等、会社に戻られてから、何らかのアクションに結び付けてほしい」と参加者への期待の言葉で締めくくられました。

【参加者の声】
・社内研修とはちがい、異業種との方々とグループワークができ刺激になった。在庫の考え方についても整理できがスッキリした。
・在庫適正化するためにも製造・販売・物流が一体にならなければならないことを痛感しました。
関連部署集めた生産計画会議の場で、在庫問題について提案したいと思います。

【次回開催のご案内】
次回は2016年3月9日(水)東京にて開催を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。
詳細は下記URLをご参照ください。
http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R10000004fW7XEAU

 関西ロジスティクス研究会の第6回会合として、10月23日(金)に大阪港の見学会を実施いたしました。以下、コーディ

ネータの高橋様よりコメントをいただきましたので、掲載をいたします。

関西ロジスティクス研究会【10月23日(金)】高橋主査コメント

 10月23日(金)に、昨年の神戸港訪問に続いての港湾視察の現場研究会を行いました。冒頭に大阪市港湾局

川井田課長様から、「大阪港の概要説明および今後の戦略について」のお話があり、その後、好天のもと海上から

大阪港を視察することが出来ました。

 大阪港は、5年前(平成22年8月)に神戸港を含めた阪神港として、国策の「国際コンテナ戦略港湾」に選定され、

関西地域の貿易復権と港湾整備に向けて、本格的な取り組みが始まっている状況にあります。承知の通り、大阪港

は立地上の観点から見て、アジアと密接な関係があり、アジア貿易のウエイトが95%、中でも中国(香港含む)とは

55%を占める数字には納得できるものがあります。

 その大阪港の取扱貨物量(2014年)は86百万トン、内貿:外貿の貨物が約6:4とバランスある比率となっているもの

の、外貿貨物はトンベースで輸出:輸入の比率が約3:7と輸入偏重になっている状況にあること、また近隣の巨大港で

ある釜山港(20141868万TEU)が日本のコンテナ取扱量と同等規模を有し、欧米を含む船社の関係上、西日本の

各港からの横持ち貨物が相当あることなど、大阪港として対応すべき課題があることも説明頂きました。

 勿論、その対策の一つとして、夢洲コンテナ埠頭の整備(水深16M、岸壁延伸など)を進め、今後関西発の欧米・

アジアへの輸送拡大などを目指して、貨物・船社等の誘致を強化されていることなど、元気付けられるお話もありま

したが、中長期的な取り組みも多く、その大変さを認識することが出来たと考えます。

 ご説明を頂いた後、約1時間かけて、大阪港の舞洲・夢洲・咲洲をつぶさに、海上から視察しましたが、舞洲の

内貿埠頭や夢洲のコンテナ埠頭、また咲洲のフェリーターミナルの状況など、大阪港の物流機能強化の実態を、

海上から一望で見て知ることが出来ました。神戸港の時と同様に、日ごろ経験できない視察は、参加者様にとっても

貴重な体験でした。

 今回の視察では、大阪市港湾局の皆様には多大のご協力を頂きましたが、この場をお借りして、改めて、お礼と感謝を

申し上げます。

(文責 高橋 敬次郎 日通総合研究所)

※本研究会にご興味をお持ちの方は下記URLよりアクセスください。

(期の途中からのご参加につきましても、受付いたしております)

http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R1000000AXbQSEA1

 このたび、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会は経済産業省により公募されました「平成27年度次世代物流システム構築事業費補助金」に係る補助事業者として採択されました。

そこで、「次世代物流システム構築に関する調査事業」の委託先を公募します。応募される方は、以下の公募要領(詳細は、添付公募要領をご覧ください)に従い、応募書類を当協会まで提出してください。

 

 

公 募 要 領

 

1.件名

次世代物流システム構築事業費補助金に係る調査事業

 

2.背景と目的

東日本大震災以降、省エネルギー対策の抜本的強化が必要となる中で、我が国の最終エネルギー消費量の約2割を占める運輸部門の省エネルギー対策を進めることが重要視されています。

地域における物流システムの効率化によるCO2排出削減に向けて、地域性や顧客ニーズを踏まえた共同輸配送など、荷主と連携して行う物流効率化を支援し、これにより得られた成果を他地域での取組に活用することにより、効果的なCO2排出削減を目指します。

具体的には、荷主と連携して行う省エネルギーに資する物流業務の効率化を進めるとともに、非効率な物流慣行を改善することにより、地方企業の物流コスト及びリードタイムを削減することを狙った調査・研究、分析を行います。

 

3.調査テーマ

本事業では下記のテーマを想定し、委託先を公募により選定いたします。

1)荷主連携による物流効率化ガイドライン策定調査・『ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法 共同ガイドラインVer.3.0』改訂調査

2)クレート等の標準化に関する調査

 

4.公募期間及び説明会の日程

1)公募期間

平成27年11月5日(木)から平成27年11月25日(水)17時00分まで(必着)

2)説明会の日程

(1) 開催日時

平成27年11月13日(金)13時から14時

 

 

(2) 会 場

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 会議室

東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3

説明会への参加を希望する方は、「5.問い合わせ先・応募書類送付先」のメールアドレスへ、11月12日(木)15時までにご連絡ください。連絡の際は、メールの件名(題名)を必ず「次世代物流システム調査説明会出席登録」とし、本文に「所属組織名」「出席者の氏名(ふりがな)」「所属(部署名)」「電話番号」「FAX番号」「E-mailアドレス」を明記願います。

なお、会場の都合により、説明会への出席につきましては、応募単位毎に2名まででお願いいたします。説明会の会場につきましては、ご登録頂きました、「E-mailアドレス」までご連絡いたします。また、出席者多数の場合は説明会を複数回に分け、時間を調整させて頂くことがありますので、予めご了承ください。

※委託公募にエントリーされる企業は、必ず説明会に参加してください。

※説明会への参加が困難な企業は、事前にご相談ください。

 

 

【関連書類を以下からダウンロードして、ご確認ください】

1.01_27年度公募要領(調査事業2次).pdf

2.01_27年度公募要領(調査事業2次).docx

 

 

5.問い合わせ先・応募書類送付先

105-0022

東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3

公益社団法日本ロジスティクスシステム協会

次世代物流システム構築に関する調査事業担当

TEL03-3436-3191FAX03-3436-3190

E-mailjisedai@logistics.or.jp

URLhttp://www.logistics.or.jp/

JILSでは、ロジスティクス推進に向けて優れた実績をあげた企業を表彰する「ロジスティクス大賞」を設けております。

このたび、「ロジスティクス全国大会」におきまして、2015年度の受賞企業の表彰式と受賞記念講演が行われ、ロジスティクス大賞選考委員会 圓川隆夫委員長(東京工業大学 名誉教授)より、記念楯が授与されました。

※受賞企業は以下の各企業となっております。

ロジスティクス大賞
大塚倉庫株式会社
「共通プラットフォームの進化 -2回転配送を実現してトラック不足を解消する仕組み-」

ロジスティクス大賞 業務改革賞
株式会社デンソー/株式会社デンソーロジテム/株式会社デンソーITソリューションズ
「輸送ネットワークの最適化」と「コンプライアンスを遵守した乗務員に優しい輸送」を両立させた次世代輸送マネージメントシステムの構築」

ロジスティクス大賞 奨励賞
リコーロジスティクス株式会社
「通販物流センター再構築による、物流センターオペレーションの技術革新と、物流ネットワーク全体最適化の実現」

ロジスティクス大賞 環境賞
ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社
「環境負荷を低減する包括的ロジスティクスシステムの構築」

 

 

圓川選考委員長と受賞者の皆様                   大塚倉庫株式会社殿

全体.JPG 大塚倉庫.JPG

株式会社デンソー/株式会社デンソーロジテム

/株式会社デンソーITソリューションズ殿               リコーロジスティクス株式会社殿

デンソー.JPG リコー.JPG

ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社殿

ユニリーバ.JPG

 関西ロジスティクス研究会の第5回会合として、9月18日(金)にメンバー事例発表としてエア・ウォーター株式会社

西村様、ゲスト講演として、2014年度ロジスティクス大賞業務改革賞を受賞された丸二倉庫株式会社国分様より

ご講演をいただきました。

以下、コーディネータの高橋様よりコメントをいただきましたので、掲載をいたします。

関西ロジスティクス研究会【9月18日(金)】高橋主査コメント

 9月18日(金)に、エア・ウォーター株式会社 物流戦略部 情報企画グループ 西村グループリーダー様から、

『グループの物流実態を可視化し、いま物流改革の実現に臨む』というテーマを、また丸二倉庫株式会社 首都圏業務部

国分課長様から、『中小企業が生き残りをかけて「HIGHLY-COMPETITIVE-LOGISTICS SYSTEM BY

MARUNI' STAFF R&D"2"新「全社的常時スタッフ最適配置システム」の実現』についての、二つの講演を

頂きました。

 エア・ウォーター株式会社様は、産業ガスを母体に232社のグループ会社を有され、幅広い業容を展開されておられま

す。

 物流子会社(エア・ウォーター物流株式会社など)を持たれていますが、更なる「内部集約、幹となる事業活動、物流費

把握・管理」の課題解決のために、昨年7月から物流戦略部が中心となり、具体的推進を図られています。

 特に、多くのグループ会社の物流について、実態調査表や現場ヒアリングなどを通じて、現状分析・問題点把握を行

い、重複的な物流業務の解消や、運賃の平準化・適正化などのテーマを取り上げられ、すでに地域毎に物流改革の

推進途上にあられます。

少数精鋭での取り組み・目標と推進項目の明確化・スピードの早さなど、驚かされることが多く、物流改革の取り組み

方法で、参考となる点が多くあったと思います。

丸二倉庫株式会社様については、2000年度のロジスティクス大賞努力賞を受け、今回2014年度ロジスティクス

大賞業務改革賞を受賞されるなど、会社挙げての色々な物流改革・改善活動を展開されておられ、評価が高い

会社であります。

今回の受賞テーマも、アパレルなどの変化の激しい業界での物流受託(3PL)において、LOW-COST運営の更なる

追求と高精度管理、HIGH-SPEED処理・波動対応力の同時実現を図り、より高いLOGISTICSの取り組みを

されています。具体的には、各事業所での従業員(社員・パート)の多能工への育成・拡大を、「習熟度進捗管理システ

ム」「Original supporting Softwareの開発」で構築しておられる点は興味深いものがありました。

 更には、企業運営の土台として、30年に及ぶ『MQCCサークル活動や、「私の提案制度」』などで、日々の業務で

マンネリにならず推進されておられるノウハウ(トップ層の理解と指導・ボトムアップの両立と定期的な表彰・交流活動、

パートの応分評価など)は、大いに参考になるところであります。

 以前に、「インプット(知識習得)なくして、アウトプット(知恵発揮)なし。」という言葉紹介しましたが、今回のような

物流改革・改善活動の事例を、「五感(視覚・聴覚で全体の9割)」を通じて身に付け、仕事に更に活かされていくことを

願っています。

(文責 高橋 敬次郎 日通総合研究所)

※本研究会にご興味をお持ちの方は下記URLよりアクセスください。

(期の途中からのご参加につきましても、受付いたしております)

http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R1000000AXbQSEA1

 京阪神都市圏交通計画協議会では、近畿圏における様々な物の動きや事業所の立地特性を調査することにより、物の動きが都市交通に及ぼす影響や事業所の物流拠点立地ニーズを把握し、今後の物流に関連する様々な課題への対応方策を検討するために、昭和50年より10年毎に物流調査を実施しています。

 このたび、第5回目の調査となる近畿圏物資流動調査を平成27年10月から11月までの2ヵ月間にわたり、無作為に抽出した近畿圏(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)に立地する事業所と企業を対象に、物流調査(アンケート調査)を実施します。

 つきましては、「物流担当者様」宛に調査票を郵送いたしますので、ご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

 詳細につきましては、ホームページに掲載しておりますので以下のURLをご覧ください。

URL:https://www.kinki-buturyu.jp/gaiyou.pdf

 

調査主体:京阪神都市圏交通計画協議会(国土交通省・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・京都市・大阪市・堺市・神戸市他)

問合せ先:近畿圏物資流動調査 調査実施本部 TEL: 0120-141-666

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版