5月から翌年3月まで月に1度開催いたします関西ロジスティクス研究会の第1回会合を5月20日(金)大阪リバーサイ

ドホテルにて17名の出席者のもと開催をいたしました。主査(コーディネーター)には日通総合研究所(元シャープ)

高橋 敬次郎氏をお迎えし、ロジスティクスを通じ経営課題から現場課題まで参加者の方、講演者、コーディネータの

3者より自由闊達に意見交換をいたします。

関西ロジスティクス研究会【5月20日(金)】高橋主査コメント

 5月20日(金)に2016年度のスタートとして、初めに会員皆様の自己紹介及び事務局からの年間スケジュールなどの

オリエンテーションがあり、その後に近畿経済産業局 岡村課長補佐様より「物流効率化に向けた経済産業省の取組」

についてご講演を頂きました。

 岡村様が所属されている産業部 流通・サービス産業課は、近畿地域2府5県の経済産業省の代表機関として「中心

市街地・商店街の活性化、大規模小売店舗立地法の普及啓発、物流効率化の促進」を中心に活動されていますが、

今回は経済産業省全体の物流効率化等の取り組みについて、お話し頂きました。

 まず冒頭では、物流業界は約24兆円(日本のGDP比5%)、就業者約173万人(全産業比3%)を抱え、わが国

産業の一役を担っているものの、トラックドライバー不足や給与・労働環境の問題など多くの課題を有する実情を、

数字を交えて紹介されました。これらの問題については、後ほどのフリーディスカッションでも、会員皆様とのやり取りが

多くあり、関心の高いテーマと改めて痛感した次第です。

 この後、荷主企業側の要望・課題を「1.より速く、より安く、2.確実に、効率的に届ける、3.省エネルギー化、

4.新たな物流システムの構築」に整理され、経済産業省として、荷主企業に対しての具体的な物流効率化支援例を

挙げて、詳しくご説明頂きました。継続テーマの「次世代物流システム構築事業費補助金」(H28年度1.4億円)以外に、

新規として「ロボット導入実証事業(同23.0億円)」「スマートモビリティシステム研究開発・実証事業(同18.8億円)」

などの支援強化策は、私たち業界の課題解決(物流業務の自動化-ロボット化-や、輸送の効率化・安全性確保-自動

走行システム等-)に近い将来大きく寄与していくと思われ、参考となる点が多くありました。

 今回、岡村様には初回に相応しく、物流業界を俯瞰したご講演を頂きましたが、改めて、この場をお借りして感謝申し

上げる次第です。また、本研究会が今後とも、時間を忘れるくらい(配布メモ「ベルグソンの法則」のように)、充実した

会合であり、更に会員同士での人的交流・情報交換などが深まって参りますよう、願って止みません。

(文責 高橋 敬次郎、 日通総合研究所)

※本研究会にご興味をお持ちの方は下記URLよりアクセスください。

(期の途中からのご参加につきましても、受付いたしております)

http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R5F00000R9wJ8UAJ

◆高橋 敬次郎 氏

日通総合研究所 調査役(関西駐在)(元シャープ 物流推進センター所長)

JILSアドバイザー

経済産業省関係の平成28年度熊本地震の復旧等予備費の概要について、発表されました。

詳細は、以下URLをご参照ください。

 

(平成28年度熊本地震復旧等予備費の概要について)
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2016/pdf/20160531_01.pdf
(各事業PR資料)
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2016/pdf/20160531_02.pdf

荷主企業(子会社を含む)を対象として毎年実施しております「物流コスト調査」の昨年度の結果がまとまりました。

概要版につきましては、ページ下段からpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 

図表1 売上高物流コスト比率(業種大分類別)

図表1 売上高物流コスト比率(業種大分類別).png

 

図表2 物流コスト等の指数に見る直近の推移

図表2 物流コスト等の指数に見る直近の推移.png

 

概要版:2015コスト調査報告書.pdf

 

※2015年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売いたしております。

http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R5F00000Vat1I

 

※2016年度につきましては、本年7月を目処にアンケートを送付させて頂く予定です。何卒宜しくご協力賜りますよう、お願い申し上げます。

 

(JILS総研)

 このたび、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会は経済産業省により公募されました「平成28年度次世代物流システム構築事業費補助金」に係る執行団体として採択されました。

 そこで、「次世代物流システム構築事業」を実施する補助事業者を公募により選定することといたします。応募される方は、以下に従い、応募書類を当協会まで提出してください(詳細は、添付公募要領及び交付規程をご覧ください)。

 

 

1.件 名

次世代物流システム構築事業費補助金

 

2.背景と目的

東日本大震災以降、省エネルギー対策の抜本的強化が必要となる中で、我が国の最終エネルギー消費量の約2割を占める運輸部門の省エネルギー対策を進めることが重要視されています。

地域における物流システムの効率化によるCO2排出削減に向けて、地域性や顧客ニーズを踏まえた共同輸配送など、荷主と連携して行う物流効率化を支援し、これにより得られた成果を他地域での取組に活用することにより、効果的なCO2排出削減を目指します。

具体的には、荷主と連携して行う省エネルギーに資する物流業務の効率化を進めるとともに、非効率な物流慣行を改善することにより、地方企業の物流コスト及びリードタイムを削減します。

 

3.補助対象事業

2.で記した目的を達成するため、本事業では以下の要件を満たす取組を行う者を公募し、選考を行った上で、補助金を交付する事業を実施します。

(1)新たな物流体系の構築に寄与する取組

(2)省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる取組

(3)荷主企業が他の事業者・団体等と連携する取組

 

4. 想定しているテーマ(例示)

下記のような想定テーマの取組事例への補助を通じて、物流分野の省エネルギー化を進めます。

(1)需要予測や電子タグを用いた在庫管理により、返品を削減する取組

(2)異業種荷主と輸送事業者による共同輸配送の取組や、物流センターの高度化・多機能化により、輸送コスト・荷待ち時間を削減する取組

(3)複数輸入事業社・複数輸出事業社によるコンテナラウンドユース(空輸送を削減するため、輸入用として使用した海上コンテナを内陸で空にした後に、港に回送せずに近隣の事業者が輸出用として使用する輸送)の取組

 その他、3.で記した本事業の要件(1)から(3)を満たす取組

 

5.補助事業者

補助事業者は、法人格を有している企業等で、次の要件を満たすことが必要です。

(1)日本に拠点を有していること。

(2)物流業務の効率化推進に向けた方策及び物流分野の省エネルギーに関する技術に精通しており、かつ、補助事業の遂行に必要な組織、能力、知識を有していること。

(3)当該補助事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有していること。

(4)国または公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が当該補助事業を推進する上で必要とする措置を、適切に遂行できる体制を有していること。

(5)経済産業省所管補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止等措置要領(平成15・01・29会課第1号)別表第一及び第二の各号第一欄に掲げる措置要件のいずれにも該当しないこと。

 

6.補助対象経費

補助対象経費の内容は以下のとおりです。

 

区 分

内 容

事業費

新たな物流体系の構築により省エネルギー化に寄与する先行的な取組の実施に必要な機械装置、設備、情報システム等の設計、導入、製造、据付等に要する経費

 

※直接経費として計上できない経費

・建物等の建設に要する経費

・事業内容に照らし当然備えておくべき備品等(机、椅子、書棚等什器類、事務作業のみに供するための機器等)

・事業実施中に発生した事故・災害の処理のための経費

・その他事業に関係ない経費

 

7.補助率及び補助金限度額

補助率は補助対象経費の1/2以内とし、補助金は1億1,370万円(税抜)を上限とします(採択案件の合計で1億1,370万円(税抜))。

また、1件あたりの補助金は3,500万円(税抜)程度を目安とします。

 

8.事業期間

事業期間は以下のとおりとします。

事業開始日:公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会による交付決定日

事業完了日:平成29年2月28日(火)

 

9.公募期間及び説明会の日程

1)公募期間

平成28年5月25日(水)-平成28年6月17日(金)

 

 ※応募書類は、公募期間最終日の17:00までに必着のこと

 ※応募書類は、書留、宅配便等配送状況が確認できる手段で送付すること

(直接、持参は不可)

2)公募説明会

  日時:平成28年5月31日(火) 16時-17時

  場所:公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 会議室

説明会への参加を希望する方は、問い合わせ先のメールアドレスへ、5月30日(月) 15時までにご連絡ください。連絡の際は、「企業名」「出席者の氏名(ふりがな)」「所属(部署名)」「電話番号」「FAX番号」「E-mailアドレス」を明記願います。なお、会場の都合により、説明会への出席につきましては、一事業者2名まででお願い致します。また、公募説明会への出席は、申請するための条件ではありません。

 

【関連書類を以下からダウンロードして、ご確認ください】

1.公募要領(補助事業).pdf

2.交付規程.pdf

3.交付規程(様式).doc

4.補助金交付申請書(交付規程 様式第1)記載例.doc

5.補助事業実施計画書(交付規程 様式1 別紙1).docx

6.補助事業支出計画書(交付規程 様式第1 別紙2).xlsx

7.補助事業事務処理マニュアル(平成27年4月).pdf

 

10.問い合わせ先・応募書類送付先

105-0022

東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

次世代物流システム構築補助事業担当

TEL03-3436-3191 FAX03-3436-3190

E-mailjisedai@logistics.or.jp

URLhttp://www.logistics.or.jp/

 タイ・バンコクにおいて第9回目となる「ロジスティクス管理士資格認定講座」

(主催:Thai Exporters Development Foundation (TEDF) )20168月に開講いたします。

 本講座は経済産業省・国土交通省の連携による「国際物流競争力パートナーシップ会議」にて、JILS主催の「物流技術管理士資格認定講座」をタイ・バンコクに技術移転したロジスティクス人材育成講座で、タイ人のロジスティクス・物流担当者向けに、実施されるものです。過去8年で209名が資格取得し、所属企業で物流改善、ロジスティクス改革を進め、コスト削減等の大きな成果を上げております。

 成長著しいASEAN諸国における経済、生産拠点中心でもあるタイでは、コンビニや外食チェーン等のモダントレーディングも進展し、ますます高度な物流サービスが求められており、ロジスティクスの知識を有するスペシャリストの育成が大変重要になっております。

この機会に関係各位からの積極的な受講者のご派遣をお待ち申しあげます。

※講師はタイ人、言語はタイ語となります。

【問い合わせ先】

Thai Exporters Development Foundation (TEDF) :タイ輸出推進機構

e-mail pakapol@tnsc.com

TEL:02-679-7555内線503  FAX: 02-679-7500/02-679-7502

 

Logistics Qualification System Program 2016_JAPANESE .pdf

Logistics Qualification System Program 2016 EN Version.pdf

 農林水産省では、今般取りまとめられた「農林水産業の輸出力強化戦略」の全国説明会を平成28年5月26日(木曜日)に内閣官房と共同で開催します。

 「農林水産業・地域の活力創造本部」(本部長:内閣総理大臣、平成25年5月設置)の下に、本年2月から「農林水産業の輸出力強化ワーキンググループ(WG)」(座長:石原経済再生担当大臣)が設けられ、省庁横断で農林水産物・食品の輸出力強化のための推進方策を検討してまいりました。

 5月19日開催の「農林水産業・地域の活力創造本部」にて、「農林水産業の輸出力強化戦略(以下「戦略」)がとりまとめられたため、全国、地方で説明会が開催されます。

 つきましては、以下の通り「農林水産業の輸出力強化戦略説明会」の開催概要を御案内いたしますので、参加希望の方は下記記載のホームページを御参照下さい。

?

?

1、開催趣旨??????

 多くの農林漁業者や食品事業者、物流・商社等輸出関連企業等、輸出支援に携わる様々な関係者に輸出の意義や戦略の理解を深めてもらい、輸出促進機運を醸成するため

?

2、開催日時?????? 平成28年5月26日(木) 14時?

?

3、開催会場?????? 日本消防会館(東京都港区虎ノ門2?9?16)

?

4、議題?????? 農林水産業の輸出力強化戦略について

?

5、参加可能人数?????? 500名程度(定員になり次第締め切り)

?

6、参加申込要領?????? 農林水産省ホームページを御参照頂き、5月25日(水)17時(必着)でお申し込みください。

??????????????????????????? http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/160520.html

7、参考?????? 農林水産業輸出力強化戦略について(第19回農林水産業・地域の活力創造本部)

??????????????????????????? http://www.kantei.go.jp/jp/singi/nousui/dai19/gijisidai.html

  伊勢志摩サミットは、5月26日から27日までの間、三重県志摩市において首脳会議が開催されます。

 伊勢志摩サミットにおいて、各国首脳等の安全かつ円滑な通行を確保するとともに、一般交通に対する影響を最小限にとどめるため、5月25日から28日まで各種交通対策が実施されます。

 つきましては、開催地域等における交通総量の抑制及び分散を図るため、対象地域等への自動車の乗り入れの自粛について、ご協力をお願い致します。

 

 ◆伊勢志摩サミットに伴う警備・交通規制等への御協力のお願い

   http://www.kantei.go.jp/jp/headline/iseshima_keibi.html

 

高速道路について
--------------------------------------
<高速道路における通行止め等について>
以下のURLに最新の情報が掲載されておりますので、ご参照頂ければと存じます。
?http://www.w-nexco.co.jp/emc/20160416200150.html
最新の状況を地図で確認される場合は以下をご参照ください。
?http://ihighway.jp/pc/map/map.html?area_id=area_09
  

一般道について
--------------------------------------
<熊本におけるより詳細な道路情報>
熊本県の防災特設ページが随時更新されており、こちらに随時詳細な道路交通情報が掲載されています。
随時最新の状況を御確認いただければと存じます。
?http://cyber.pref.kumamoto.jp/bousai/Content/asp/topics/topics_list.asp?PageID=14&pg=1&sort=0
 
<交通状況を確認するサービス>
以下URLの通り、渋滞状況を確認出来るサイトがございますので共有いたします。
 
■ITS Japan |
乗用車・トラック通行実績情報
http://disaster-system.its-jp.org/map4/map/#map=14/32.790088/130.708551&layer=gsi
 
トヨタ | 通れた道マップ
http://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/
 
(公財)日本道路交通情報センターHP:
http://saigai.jartic.or.jp/index.html

この度の平成28年熊本地震により、お亡くなりになられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された皆様ならびにご関係の皆様には、心よりお見舞い申しあげます。

  

 

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

熊本地震に関する情報提供

JILS-netでは、昨日発生した熊本地震に関する情報を収集し、公開しています。

 

・熊本地震による交通情報まとめ(4/15 10:00現在)

 https://www.jils-net.com/post/detail_news.php?id=13936

 

・熊本地震周辺道路の通行可能マップを公開。IoT活用=トヨタ

 https://www.jils-net.com/post/detail_news.php?id=13934

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版