関西ロジスティクス研究会の第2回会合として、6月19日(金)タカラ物流システム株式会社 寺村様より
ご講演をいただきました。
 以下、コーディネータの高橋様よりコメントをいただきましたので、掲載をいたします

関西ロジスティクス研究会【6月19日(金)】高橋主査コメント
 6月19日(金)に タカラ物流システム株式会社 事業開発部 寺村部長様より、
「タカラ物流システムの物流・ロジスティクスの取組み(現場作業の考え方、見える化の活用、
安全・品質の向上)」について、実践的で貴重な講演を頂きました。
 平成19年5月に、6拠点を「西日本ロジスティクスセンター(LC)」(京田辺市)に集約し、
入出庫能力向上への「三面同時積卸バース」の活用、共同配送・流通加工・通販物流に対応した
「多機能総合物流倉庫」としての展開、平準化・同期化・流動化・単純化の機能を発揮した
「トヨタ生産方式による倉庫運営」、また先入・先出及びロット追跡可能な「コンピューター制御の倉庫・配車システム」、
更に空調・トイレ・浴室などのファシリティ面を整備した「人に配慮した作業環境」など、
幅広く運営のポイントやトータルコスト削減の方策について紹介頂きました。
 また、具体的な取組みの一例として、得意先直送の拡大など配送体制の見直し・再編、
保管・ピッキング作業向上での在庫配置の改革、配車と倉庫側を連動したIT化の導入、
アナログ的な見える化での効率化推進、画像診断などを活用した安全・品質対策など、
直近にいたるまでの改革・改善の話がありました。
 一方で、倉庫4Fにある通販・流通加工センターでは事業拡大に伴う作業精度やユーザー満足向上への苦労話、
共同配送では参画企業数・ターミナル運営・時間制限などでの問題、またフォークリフト起因の
トラックドライバー事故防止への安全・品質管理の難しさなど、忌憚ない話は、会員皆さまにも関心高く、
多くのヒントを学ぶことが出来たと感じました。

 今回の講演の中で紹介された、「フォローなくして継続なし、継続なくして徹底なし、徹底なくして進歩・業績向上なし」
という言葉を、寺村部長様は大切にされており、また安全品質環境推進室 担当部長を兼務されていることもあり、
「日々の改善・日々の安全」を忘れず取り組まれている姿勢を覗うことが出来、改めて現場力の維持・向上の
重要性を認識した次第です。
(文責 高橋 敬次郎 日通総合研究所)

※本研究会にご興味をお持ちの方は下記URLよりアクセスください。
(期の途中からのご参加につきましても、受付いたしております)
http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R1000000Ie9IfEAJ

◆高橋 敬次郎 氏
日通総合研究所 調査役(関西駐在)(元シャープ 物流推進センター所長)
JILSアドバイザー

 5月から翌年3月まで月に1度開催いたします関西ロジスティクス研究会の第1回会合を5月22日(金)
大阪リバーサイドホテルにて23名の出席者のもと開催をいたしました。

 主査(コーディネーター)には日通総合研究所(元シャープ)高橋 敬次郎氏をお迎えし、
ロジスティクスを通じ経営課題から現場課題まで参加者の方、講演者、コーディネータの3者より
自由闊達に意見交換をいたします。

関西ロジスティクス研究会【5月22日(金)】高橋主査コメント
 5月22日(金)に2015年度の初会合が開催され、メンバー皆さんのご紹介後、今回研究会メンバーの
近畿運輸局交通環境部物流課の杉本課長様から、「近畿運輸局の物流の取組」について、ご講演を頂きました。
 杉本様は、現在の国土交通省である運輸省(近畿海運局)入省後、運航部・総務部・企画観光部をはじめ、
旧関西国際空港(株)にも出向されたこともあり、幅広いご経験を積まれ、昨年4月から交通環境部物流課長として、
ご活躍されています。
 国土交通省としては、約34兆円の運輸業界も管轄し、平成26年7月公表された「国土のグランドデザイン2050」、
更に翌平成27年2月閣議決定された「交通政策基本計画」(平成26年?32年)を推進し、その中に物流政策も
多く盛り込まれており、また別途「総合物流施策大綱(2013ー2017)」でも、具体的な物流の取組に
力をいれているとのお話がありました。
 運輸業界の中核である物流業界は、約24兆円の事業規模と169万人の就業者を有し、
国際競争力や労働・環境問題、更には防災・地域対策など、諸課題を多く抱えていると述べられ、
近畿運輸局としても、「 1.国際物流戦略チーム 2.労働力不足対策 3.グリーン物流の推進 4.地域物流・手ぶら観光
5.災害対応 」を主に取組んでいるとのことでした。
 具体的には、阪神港・関西国際空港の機能強化の支援、トラック事業の取引適正化・労働力確保の
環境整備、モーダルシフト・コンテナラウンドユースなどのグリーン物流推進のサポート、貨客混載など
過疎地買い物弱者対策などについて、詳しく説明を頂きました。
 今回は国・地域全体の政策レベルの内容や動向について、数字を含めて教示頂いたことで、
改めて物流の重要性を認識したことと思います。

 千利休の言葉に、「 稽古とは 一より習ひ 十を知り 十よりかへる もとのその一 」という有名な歌があります。
メンバー皆様も、広い視野の勉強から現場の地道な活動まで取り組まれたことがあると思いますが、
今回は政策を知るという初心の気持ちで、お話を伺うことができたのではないでしょうか。
(文責 高橋 敬次郎、 日通総合研究所)

※本研究会にご興味をお持ちの方は下記URLよりアクセスください。
(期の途中からのご参加につきましても、受付いたしております)
http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R1000000Ie9IfEAJ

◆高橋 敬次郎 氏
日通総合研究所 調査役(関西駐在)(元シャープ 物流推進センター所長)
JILSアドバイザー

2015年度「物流合理化賞」が決定!

日本ロジスティクスシステム協会と日本ロジスティクス研究会が共催する全日本物流改善事例大会にて発表された物流

改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」、「物流合理化努力賞」が

贈られます。全日本物流改善事例大会2015では、「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、30件の改善事例が発

表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞4件が決定いたしました。


【物流合理化賞】

タブレット端末導入による作業標準化について(品質・効率の向上)

  発表者 : 佐川グローバルロジスティクス株式会社  野水 友也 氏


大型ビニール袋の取り出し性改善(大型ビニール袋の収納具の開発)

  発表者 : 株式会社スバルロジスティクス  川崎 久美香 氏 / 根岸 洋子 氏


メーカーに出来る物流改善「外装表示/設計の最適化」で、作業効率化、物流品質向上を目指す!

  発表者 : 味の素株式会社  伊従 護 氏


【物流合理化努力賞】

通信機器リサイクル業務の効率化

  発表者 : 株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコサービス  伊藤 祐子 氏


荷主企業と3PL企業による協同作業改善とゲイン・シェアリング

  発表者 : 株式会社おおさか協同物流センター  四元 克佳 氏 (物流技術管理士 45期)

  発表者 : 株式会社流通サービス  生田 育弘 氏


格納工程のバラツキ改善による生産性の向上

  発表者 : 東芝ロジスティクス株式会社 大分運輸株式会社  山内 節子 氏


検品・梱包効率の改善と出荷品質向上をローコストで実現

  発表者 : 株式会社ヒガシトゥエンティワン  窪田 一夫 氏


表彰事例の概要はこちらのパンフレット(PDF)をご覧ください。表彰事例の詳細は機関誌「ロジスティクスシステム 夏号」

(7月21日発行)に掲載および、JILS-netにて公開しております。


関連記事:全国の物流改善事例が集う!「全日本物流改善事例大会2015」開催報告
関連記事:「全日本物流改善事例大会」で物流改善の取り組みを発表しませんか?

P6220121.JPG
6月22日表彰式 受賞企業の皆様

コンテナラウンドユースへの取組事例と参考資料紹介(コンテナラウンドユースフォーラム 事例発表資料より)

 2014年度の経済産業省補助事業(次世代物流システム構築事業)の成果発表の一環として、去る2015年3月12日に、JILS等主催により「コンテナラウンドユースフォーラム」を開催いたしました。
 当日の資料等(一部)を以下のとおり公表いたしましたのでお知らせします。

■コンテナラウンドユースフォーラム■

【開催概要】
 ・日 時 : 平成27年3月12日(木)13:30?16:30
 ・会 場 : 日経ホール
 ・主 催 : 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
 ・共 催 : 経済産業省、国土交通省
 ・後 援 : 一般社団法人日本経済団体連合会
 ・参加費 : 無料
 ・参加人数: 410名

プログラム等は以下をご参照ください。

http://jils.force.com/LectureDetail?productid=a0R1000000GrKpMEAV


当日の講演資料(一部)は以下のとおりです。
なお、資料はすべてpdfファイルです。 ※敬称略、順不同、所属役職は当時

【取り組み事例発表】

 キヤノン株式会社
  福森 恭一 (同社 ロジスティクス統括センター 副所長)

  キヤノン.pdf



 株式会社ジェイアール貨物・インターナショナル
  丹沢 仁
  (同社取締役 兼 日本貨物鉄道株式会社 国際物流開発部 部長代理)


  JR貨物.pdf


 埼玉県 
  古里 実 (埼玉県 都市整備部 副部長)

  埼玉県.pdf


 【パネルディスカッション】
「コンテナラウンドユースの取組を進めていく中で、インランドデポに向け
られる期待」

モデレーター
  増井 忠幸 (東京都市大学 名誉教授)

パネリスト
  荒井 文義 (株式会社太田国際貨物ターミナル 営業部長)
  犬井 健人 (日本通運株式会社 海運事業部 専任部長)
  岡部 正英 (佐野市長(栃木県))
  菊地 力 (久和倉庫株式会社 専務取締役)
  佐藤 孝之 (みなと運送株式会社 つくば支店 支店長)
  多田 秀明 (日本コンテナ輸送株式会社 営業部 部長)
  土本 哲也 (株式会社クボタ 機械海外総括部 物流企画グループ長)
  正木 裕二 (株式会社東芝 執行役常務附(ロジスティクス担当))

パネリストの企業取組事例等の紹介資料

  パネリスト各位の取組等の紹介.pdf

本件に関するお問い合わせ先:JILS総合研究所(電話:03-3436-3191)

 6月から9月まで、夏季の省エネルギー対策を促進するため省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議を開催し、「夏季の省エネルギー対策について」を決定しました。

 省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議は、関係政府機関で構成され、毎年、エネルギー消費が増加する夏と冬が始まる前に開催されています。

 なお、当該夏季の省エネルギー対策については、本日決定された「2015年度夏季の電力需給対策について」と一体となる形で、省エネルギーに関する取組を推進する内容になっています。

 特に、6月から9月までの夏季の省エネキャンペーンの期間のうち、節電協力要請期間である7月から9月を「節電・省エネ集中実施月間」とし、省エネルギー・節電の普及活動を行い、国民の皆様に省エネルギー・節電対策の実践についての協力を呼びかけていきます。

 また、政府自らも率先して、冷房中の室温の適正化や照明の削減など、省エネルギー・節電の実践に取り組みます。

↓詳しくはコチラ

http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150522002/20150522002.html

各位

 

国際海上コンテナ輸送の安全性の重要性に鑑み、国土交通省等は「国際海上コンテナの陸上における安全輸送WGにおいて「国際海上コンテナの陸上における安全輸送ガイドライン」を作成しています。また、「国際海上コンテナの陸上輸送に係る安全輸送会議」(事務局:国交省)において、「国際海上コンテナの陸上における安全輸送マニュアル」が策定されています。

 

 今般、国際海上コンテナの陸上運送の安全確保のために、重量超過や偏荷重等の不適切コンテナの発見に寄与する機器の開発や普及が進んできていること、また、国際的な取組である「IMO/ILO/UNCEC貨物輸送ユニットの収納のための行動規範」が平成27年1月に発行されたことから、これらに対応するため、安全輸送マニュアルが一部改訂されました。

 

 国際海上コンテナの安全輸送対策については、荷主の取り組みも重要であることも踏まえ、関係各位におかれましては、改訂版のマニュアル等につき、改めてご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

JILS 事務局

 

 

◆国際海上コンテナの陸上における安全輸送マニュアル(今般改訂)

http://www.mlit.go.jp/common/001088265.pdf

◆国際海上コンテナの陸上における安全輸送ガイドライン(平成25年6月)

http://www.mlit.go.jp/common/001002190.pdf

◆マニュアル改訂について

http://www.mlit.go.jp/common/001088264.pdf

 JILSが受託実施しております経済産業省の補助事業(次世代物流システム構築事業)の一環として「コンテナラウンドユース推進協議会準備委員会」を開催しておりますが、第3回の委員会資料を公表いたしましたのでお知らせします。

 

 

■第3回委員会■

 日時:2015年3月3日(火)16:00?18:00
 場所:経済産業省 本館 第3特別会議室

 

 

 

当日の配布資料は以下のとおりです。

 

【第3回委員会資料】 ※資料はすべてpdfファイルです。

【資料1】第3回準備委員会 議事次第.pdf

【資料2】委員名簿.pdf

【資料3】これまでの議論の整理rev.pdf

【資料4】コンテナラウンドユース推進に向けた方策案.pdf

 

 

本件に関するお問い合わせ先:JILS総合研究所(電話:03-3436-3191)

 関西ロジスティクス研究会の第11回会合として、3月20日(金)ライフコーポレーション高岡様よりご講演をいただきました。以下、コーディネータの高橋様よりコメントをいただきましたので、掲載をいたします。

 関西ロジスティクス研究会【3月20日(金)】高橋主査コメント
 3月20日(金)に株式会社ライフコーポレーション 物流部の高岡様より、「ライフコーポレーションの物流戦略 取り巻く現況と今後!」について、ご講演を頂きました。
 株式会社ライフコーポレーション様は、スーパーマーケット業界の厳しい競争の中で、食品中心に成長を続けておられ、近畿圏140店・首都圏107店を有しながら、今後も積極的な出店拡大(中期計画は各200店舗目標)を目指されています。
 この成長過程で、都市部優先の店舗配置への最適な配送や、媒体(チラシ、WEB)展開時の売上急増、また食品温度の多様化・鮮度の維持管理徹底などの課題に対して、物流部門として多くの課題を抱え、その対策に奔放されておられるとのことでした。
 例えば、狭い都市部道路での3トン車活用やカテゴリー別納品・納品時刻の見直し、また繁忙時の事前必要車両確保・自動発注と在庫アイテム管理による物流波動の吸収、更には3温度帯のきめ細かい物流品質の確保(チョコレート類の低温車両での独自配送など)といった対策を説明頂きました。
 勿論、業界としての流通BMS(ビジネスメッセージ標準)や物流クレート(透かし梱包)の標準化にも率先して参画されており、商物流面での効率的な活動も行われています。
 今後は、上記対策のレベルアップはもとより、トラック稼働率の向上や納品入荷車両の混雑回避などに対して、新たな施策を検討されています。
 高岡様は、情報システム部門や人事労務部門などを経験された後に、物流部門を任され、現在キャリアスタッフとして、ご活躍されています。

 今年度は、現場見学・視察4回を含めて11回開催されましたが、今回の最終回も、会員皆さんにとって、企業物流のノウハウをご教示頂きましたご講演内容が参考になったことと思います。
 昨年5月の最初のコメントで、「INPUTなければOUTPUTなし」という言葉を使いましたが、まさに知識を数多く受け入れ、知恵を搾り出してこそ、成果につながるものと思っています。今後とも、この研究会を通じて、会員皆さんが成果を生み出され、ご活躍されんことを祈っています。
(文責 高橋 敬次郎  日通総合研究所)

 関西ロジスティクス研究会の第10回会合として、2月13日(金)スクロール360高山様よりご講演をいただきました。 以下、コーディネータの高橋様よりコメントをいただきましたので、掲載をいたします。

関西ロジスティクス研究会【2月13日(金)】高橋主査コメント
 2月13日(金)に「株式会社スクロール360」の高山取締役 オムニチャネル戦略室長様より、「オムニチャネルの進展による物流の変化」について、ご講演を頂きました。
 まだ聞きなれない「オムニチャネル」という言葉は、「ネット通販と店舗とを融合して顧客に提供し、自由にチャネルを使い分けられるようにする」という意味で、昨年が「オムニチャネル元年」と言っていいほど新しい用語だそうです。ネットを活用して、パソコン・スマートフォン更には店舗で、商品購入・受け渡し・アフターサービスまで対応する内容で、実際に成功している企業はまだ少ないようです。「株式会社スクロール360」様は、ネット通販をサポートするトップ企業であり、且つこのオムニチャネルの組み立てから物流に至る総合的な支援を事業とされています。
 今回、オムニチャネル物流において、例えば衣料通販での実物撮影・採寸から裾直しまでカバーする「ファクトリー化した物流センター」や、初回ユーザーへの折り鶴同梱・クラフトテープやパッケージの一工夫・後払いサービスなどの「おもてなし物流」のお話し、更に失敗・成功事例のご紹介など、実践的で参考となる数多くのポイントをご教示いただきました。

 企業活動の上で、戦略づくりやその遂行は大切ですが、今回のネット通販とオムニチャネルを狙いとして、新たに物流を包含した該社の取り組みは、正に素晴らしい「着眼点」と感じました。
 今月ダイヤモンド社からノウハウ本を2冊は発刊されるとのことで、今回学んだ色々な内容が、人口に膾炙されますことを願っています。
(文責 高橋 敬次郎  日通総合研究所)

 トラック運送業においては、荷主、元請事業者、下請事業者間の取引の適正化を図るため、平成16年度から下請代金支払遅延等防止法及び独占禁止法物流特殊指定が適用されています。


 また、こうした法律による規制に加えて、政府で取りまとめられた「成長力底上げ戦略」及び「経済財政改革の基本方針2007」等において、 業種ごとに適正取引を推進するためにガイドラインを策定することが決定されました。


 このため、国土交通省では公正取引委員会と協議の上、平成20年3月14日に公表したところですが、さらに適正取引の推進が図れるよう、トラック運送事業者の負担となっている商習慣による問題等となる手待ち時間の改善等について記述を行うなどの改訂が行われました。

 詳しくは以下リンク先をご参照ください。

 http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk4_000004.html

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版