「在庫適正化実践セミナー」開催報告

「在庫適正化実践セミナー」を2014年2月21日(金)にJILS本部事務所(東京都港区)にて、16名の出席のもと開催いたしました。

午前中は、マネジメント・プロセス・コンサルティング株式会社 コンサルタント 太田 達也氏より、荷主企業における在庫のあり方、並びに在庫適正化に向けた基準の設定と適正基準を維持するためのポイントについての講義がなされました。

午後からは、同社 コンサルタント 梅村 康一氏の指導のもと、社長特命のタスクフォースチームメンバーとして、在庫・出荷に関するデータ等に基づく現状分析、問題分析と改善案立案を行うケーススタディにグループ演習形式で取り組みました。特に、トータルの在庫日数を基準以下におさえつつ、各セグメント別の目標在庫日数を設定する部分では、各グループとも、ノートパソコンの表計算ソフトを用いて、数値を微調整しながら、検討する様子がうかがえました。

太田、梅村両講師からは、「『なぜこの在庫量が必要なのか』や『この在庫量が多いのか、少ないのか』ということを論理的に説明できるようにしておくことが重要。そのための1つのポイントはセグメント化である。現在、自社でどのようなセグメント化がなされているのかを調べてみる等、会社に戻られてから、何らかのアクションに結び付けてほしい」と参加者への期待の言葉で締めくくられました。

IMG_0084.JPG

<講義の様子>

IMG_0089コピー.jpg

<グループ討議の様子>

なお、本セミナーは、次回は2015年2月頃の開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

今後、開催予定のセミナーはこちらをご参照ください

 当協会では、ロジスティクスの社会的浸透とロジスティクス部門および関係者の意識高揚を図ることを目的として、ロジスティクスの高度化に向けた取り組み実践し、顕著な努力と優れた実績をあげたと認められる企業・機関・団体を表彰する「ロジスティクス大賞」を設けております。

 このたび、2013年度ロジスティクス大賞を受賞したTGロジスティクス株式会社 様に、改革の舞台となったみよし物流センターを見学させていただくことで、取り組み内容の理解を深め、参加者各位のロジスティクス高度化に向けた取り組みのヒントを得ていただくことを目的に、本見学会を開催いたします。

また見学先で、ロジスティクス大賞の選考を行うノミネート委員会において委員をお務めいただいている、株式会社日本能率協会コンサルティングの小澤 勇夫 氏に、本事例の受賞理由や評価された点についてご説明をいただきます。さらに、取り組みの成果を「ロジスティクス大賞」へ応募する際のポイントについてもアドバイスをいただきます。ロジスティクス改革に意欲的に取り組んでおられる皆様の積極的なご参加をお待ち申しあげております。

詳細・お申込みは下記URLご参照ください。

http://jils.force.com/StudyDetail?productid=a0R10000009sz9gEAA

物流合理化賞 受賞企業見学会 開催の報告

去る12月3日(火)、2013年度物流合理化賞(物流業務部門)を受賞されましたキムラユニティー株式会社 様のトヨタ自動車株式会社 大口部品センターの受賞企業見学会を開催いたしました。

見学会では、物流合理化賞 受賞事例を、実際に改善活動が行われた現場でご説明をいただくなど、「百聞は一見に如かず」の言葉通り、事例を聞いたり、読んだりするだけでは理解しづらいところまで詳細にご紹介いただきました。

また、見学後には物流合理化賞の審査・選定を行う全日本物流改善事例大会 実行委員会の副委員長をお務めいただいている東京海洋大学 黒川久幸教授より、「物流現場改善活動の進め方」と題したレクチャーが行われ、各現場で物流改善活動を行うにあたってのポイントやコツ等をご紹介いただきました。

見学会の様子

(写真)見学会の様子

 黒川教授のレクチャー

(写真)黒川教授のレクチャー

以下、見学会の参加者からのコメント:

・いろいろなところにアイデアが詰まった現場だと感じました。
・実際に現場でプロジェクターを使った説明をしていただき、大変わかりやすかったです。
・日々の業務の中で「当たり前」だと考えていることを「見える化」することの重要性に気づかされました。
・改善された事例は非常に参考になり、現場の方々の意識の高さがよくわかりました。
・改善を全員一丸となって推進している姿勢に感銘を受けました。
・職場の方皆さんの改善意識が高く、常に改善することを考えている点が素晴らしく感心致しました。
・全日本大会も聴講しましたが、徹底した「見える化」の取り組み等、実際に現場を見なければ分からないことも多く、参考になりました。

以下、黒川教授のコメント:

 全日本物流改善事例大会での発表や配布資料は、時間や紙面の都合で割愛されている部分もあり、細かな工夫や日々の努力についてお話をお伺いできるのは大変貴重である。見学会当日は、わくわくしながら参加させていただいた。
 例えば、極小品ロケ移動で使用する台車は、空箱搬送作業時の作業者の前方の視界を確保するために天板を収容する機構を備えているが、文章からはその大切さが理解しにくい。しかし、実際に台車を見せていただくと、前方の見やすさが随分と違い、搬送時の衝突、接触等の事故防止にとても重要であることが実感できる。また、紙面では書かれていない、開発の際のこだわりをお伺いするのも楽しい。実際に作業者の方がストレスなく使用できるように、天板の収容を6秒以内に完了できるように工夫されたことなどをお聞きした。なるほど、機能があっても使用されなければ意味がない。
 このような実感や紙面で表現されていないこだわりは、改善事例の理解を深め、実際の物流現場における問題点の気付きや改善のためのヒントを与えてくれる。また、改善事例以外で印象に残ったのは、安全に対する数多くの工夫である。通路に面する棚の間口は出会い頭の衝突を避けるために物を置かずに視界を確保し、さらには危険と思われる箇所では音声による注意喚起を行っていた。このような改善事例にない発見も大変勉強になる。
 皆様も機会をつくり、是非、ご参加されることをお勧めする。

----------全日本物流改善事例大会2014 応募のお勧め------------------------------------------
当協会では、選考によって選ばれた、物流現場における優れた改善事例を発表いただき、情報交換することによって物流改善活動の裾野を広げる場として「全日本物流改善事例大会」を開催し、さらに発表された事例の中でも特に優れているとして選考された事例について「物流合理化賞」を贈り表彰いたしております。

2014年4月・5月の全日本物流改善事例大会2014 開催に向け、現在、改善事例を募集中です。貴社の物流現場で取り組まれた身近な改善を、ぜひご応募ください!

大会詳細・事例応募はこちらから
http://www.logistics.or.jp/newest/kaizen_application.html

以下、黒川教授のコメント:

 物流現場の改善を日々、努力して続けられている現場は多く、その多くの企業で作業者のモチベーションを高めるために社内における改善事例の発表会やその成果に対する褒賞制度を設けている。しかし、マンネリ化した取り組みでは作業者のモチベーションを維持することは難しく、もう一歩足りないと感じている方も多いのではないだろうか?
 このようなときに、本事例大会を活用するもの一つの方法と思う。人間は普段と異なる「非日常」なことに触れることにより、刺激を受け、感化される。このような場としての活用も本事例大会にはあるのではないかと思う。
 また、教育という観点からは、社内における改善事例の発表よりも本事例大会のような外部での発表をお勧めする。外部の第三者に対する発表では、普段何気なく社内で使用している用語について、その定義は何か意識し、聴衆が理解できるようにどのように説明すれば良いか考えなければならない。
 曖昧な業務の理解では第三者に分かるように説明できない。普段学生が学会等の外部で発表する前後でいつも感じることであるが、この一連の確認作業は学生の理解を深め、大きな成長をもたらす。特に、第三者に理解してもらう説明をするためには論理立てて話の構成を立てなければならない。思考力の鍛錬にもつながる。

?マンネリ化の打破や教育の機会の場、さらには学びの場でもある本事例大会に、発表者として是非ご参加下さい。

7月3日から9日のスケジュールにて、研究会「日本の物流コスト その実態とコスト削減への取り組み」を開催しました。

円安、資源高といったマクロ環境下で、やはり物流コストへの関心は高く、特に東京会場には多数のお申込をいただき、当日は会場が満員となりました。(写真)
最後の質疑応答では、多数の質問が寄せられました。物流コストは業務に密接な内容ですので、ご質問の内容も、非常に具体的です。「○○をコスト削減できた事例はないか」・・などです。

今回は満員のためご参加いただけなかった皆様は、類似テーマの研究会を色々と企画しておりますので、ご参加を検討いただければ幸いです ↓

【東京】研究会<「物流コストの算定・評価」からはじめよう> 9月18日開催

物流コスト管理は、荷主の物流・ロジスティクス業務の中核といえる極めて大事な業務です。
一方、物流部門に配属された方で、「会計の知識が十分にある」、という方は少ないのではないでしょうか。外部の研修は受けづらい時代ではありますが、情報収集、新規配属社員の教育などに、継続的に取り組むことも、必要かと思います。

写真:東京会場(JILS本部会議室)の実際の様子です。

コスト東京.JPG



  1 2

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版