2014年度「物流合理化賞」が決定!

当協会と日本ロジスティクス研究会が共催する「全日本物流改善事例大会」にて発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して「物流合理化賞」または「物流合理化努力賞」が贈られます。

全日本物流改善事例大会2014では、物流改善対象範囲により「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、合計15件の改善事例が発表され、審査委員会での審査の結果、物流合理化賞3件、物流合理化努力賞3件が決定いたしました。

【物流合理化賞】
機械だけに頼らない人間力による作業改善
  発表者:飯塚運輸(株) 豊岡 真人 氏 (物流技術管理士 100期)

倉庫間送品仕分け作業時間の短縮
  発表者:(株)オカムラ物流 五本木 修 氏 (物流現場改善士 3期)
                    伊藤 大雄 氏

トヨタ式ノウハウの活用による通販入出荷業務の改善
  発表者:ホンダロジコム(株) 本多 正樹 氏

【物流合理化努力賞】
トヨタ生産方式(TPS)の手法を用いた改善プロジェクトの取組
  発表者:コクヨサプライロジスティクス(株) 井上 真治 氏

送品原価率の維持向上 ‐福岡方面積み合わせ便による積載率の向上‐
  発表者:(株)オカムラ物流 寺地 知行 氏

事務による改善推進 ‐『カスミ事務大部屋化方式』とは・・・‐
  発表者:(株)カスミ 齋藤 雅之 氏
              羽成 敦子 氏

表彰事例の概要は、こちらのパンフレット(PDF)をご覧ください。表彰事例の詳細は、6月30日発行の機関誌「ロジスティクスシステム6・7月号」に掲載および、JILS-netのライブラリーにて正会員向けに公開中です。

関連記事:<特集>改善ポイントはコミュニケーションにあり!(受賞者インタビューを掲載)
関連記事:全国の物流改善事例が集う!「全日本物流改善事例大会2014」開催報告
関連記事:「全日本物流改善事例大会」で物流改善の取り組みを発表しませんか?

IMG_0348.jpg
6月19日表彰式 当協会西田会長と表彰者の皆様

 2014年度最初の開催となる第108期物流技術管理士資格認定講座(東京開催)の開講式・プレミーティングが5月15日(木)、16日(金)に開催されました。

 本講座の最初のプログラムとなる「プレミーティング」では、講師の中野 昭男氏(のぞみ経営研究所 所長)、右田 政三氏(刈谷紙器(株) 顧問)の指導のもと、問題の発見と解決技法の習得やヒューマンネットワークの構築を目的としたグループ演習に取り組みました。

 講師より「問題には2種類あること」「問題解決のための8つのステップ」等についての講義がなされた後、受講者の皆様は、8つのステップのうちの5ステップ((1)問題の発見、(2)現状の把握、(3)目標の設定、(4)要因解析、(5)解決策の立案)に関する演習に、様々な業種、役職、年齢で構成されたグループメンバーとともに取り組み、最後に検討結果の発表がなされました。

 講義の最後に、中野氏、右田氏より、 「発生した問題や設定した問題を適切に把握、分析し、解決することは、物流技術管理士として不可欠な能力である。この2日間で習得した知識・技法で、ぜひ自身の業務で活用していただきたい、また、受講期間中にヒューマンネットワークも積極的に構築していただき、熱意ある物流技術管理士になっていただきたい」と受講者への期待の言葉で締めくくられました。

<会場写真1:グループ討議>

会場風景140530.jpg

<会場写真2:グループ発表>

発表風景140530.jpg

 現在、6月10日(火)より開講する第109期講座(大阪開催)をはじめとして、第110期から113期講座の受講申込を受け付けております。詳細プログラムや申込方法、昨年度(第102期から105期)の資格取得者のコメント等は下記URLをご参照ください。

http://www.logistics.or.jp/education/clm.html

2014年3月26日(水)に、第107期物流技術管理士資格認定講座(大阪開催)の資格認定証授与式が行われ、新たに65名の「物流技術管理士」が誕生しました。認定証授与式では、資格認定証が授与されるとともに、下記の成績優秀者の方々の表彰も行われました。

●最優秀賞(107期で最も成績が良かった方)
 大野 智也  氏(住化ロジスティクス株式会社)

●優秀賞(90点以上の方)
 大野 智也  氏(住化ロジスティクス株式会社)
 

●優良賞(85点以上の方)
 窪田 飛 氏(ムラタシステム株式会社)

●優秀論文賞
 原田 恭宏  氏(味の素物流株式会社)

この度、資格取得された皆さまにおかれましては、
物流技術管理士としてご活躍されることを心よりお祈りいたします。  (事務局)

2014年3月19日(水)に、第106期物流技術管理士資格認定講座(東京開催)の資格認定証授与式が行われ、新たに90名の「物流技術管理士」が誕生しました。認定証授与式では、資格認定証が授与されるとともに、下記の成績優秀者の方々の表彰も行われました

●最優秀賞(106期で最も成績が良かった方)
 八重樫 隆範 氏(株式会社丸運)

●優秀賞(90点以上の方)
 八重樫 隆範 氏(株式会社丸運)

●優良賞(85点以上の方)
 長谷川 利和 氏(千葉積水工業株式会社)
 渡辺 三彦 氏(伊藤忠食品株式会社)
 山岸 英仁 氏(西日本鉄道株式会社)
 山本 英明 氏(山九株式会社)

IMG_0207.jpg?zzz106.jpg
渡邉委員長、山岸氏、長谷川氏、渡辺氏、徳田専務理事   第106期 資格取得者の皆様
※八重樫氏、山本氏は認定証授与式をご欠席

皆様の一層のご活躍と、さらなる飛躍をご期待申しあげます。 事務局

物流技術管理士資格認定講座の詳細はこちら

第35期国際物流管理士資格認定講座の資格認定証授与式が、2014年3月7日(金)に開催され、新たに35名の「国際物流管理士」が誕生し、資格取得者は累計で1,433名となりました。

認定証授与式では、資格認定証の授与とともに、成績優秀者の表彰も行われました。

●最優秀賞(35期で最も成績が良かった方)
 土居 敏朗 氏 (日東ロジコム株式会社)
●優秀賞(35期で2番目に成績が良かった方)
 小島 秀子 氏 (中外製薬株式会社)

第35期 資格取得者の皆様

01.JPG

左より
山縣委員、石原委員長、小島氏、土居氏、徳田専務理事、小林副委員長
02.JPG

資格認定証授与式の後の懇親会の様子
03.JPG

国際物流のニーズは高度化・多様化しており、
このような事業環境の変化に対して、迅速かつ的確な対応が求められております。
「国際物流管理士 - 国際物流のスペシャリスト -」として、
皆様の今後のご活躍とさらなる飛躍をご期待申しあげます。 事務局

2014年度の国際物流管理士資格認定講座の情報はこちらから

2014年1月17日(金)に、第4期物流現場改善士資格認定講座の資格認定証授与式が行われ、新たに63名の「物流現場改善士」が誕生しました。認定証授与式では、資格認定証が授与されるとともに、下記の成績優秀者の方々の表彰も行われました。

●成績優秀賞(90点以上の方)
 渋谷 里美 氏(株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ)
 中瀬 顕二郎 氏(株式会社アディコム)

物流現場改善士の資格を取得された方々は、6月から始まった約半年間に渡る講座の中で、専門知識と技法を学ぶ座学、実践力を磨くグループ演習、自身の職場の改善実行計画を策定するレポート作成を通じて、現状把握、改善企画、改善実行、評価・定着の4つの力をベースとする「改善実践力」を習得されました。

P1170040.JPG P1170065s.jpg
左より、黒川副委員長、渋谷氏、中瀬氏、徳田専務理事   物流現場改善士を取得された方々と指導講師の方々

皆様の一層のご活躍と、さらなる飛躍をご期待申しあげます。 事務局

物流現場改善士資格認定講座の詳細はこちら

 このたび、JILSでは、「物流・ロジスティクスにおける人材育成支援ガイド2014」、「物流技術管理士資格認定講座 2014総合案内」を作成し、ホームページに公開いたしました。併せて、2014年度の物流技術管理士資格認定講座の申込受付を開始いたしました。
 
 「物流・ロジスティクスにおける人材育成支援ガイド2014」には、物流・ロジスティクス人材育成の進め方や企業で求められる人材イメージ等と、JILSが2014年度に実施予定の全ての講座、セミナーなどを掲載しております。
 
 「物流技術管理士資格認定講座 2014総合案内」には、中堅管理者・中堅社員を対象に、物流・ロジスティクスの専門家を育成する本講座の概要と、「物流技術管理士」資格取得者へのインタビューや、講座を活用する企業の声などを掲載しております。また、別紙にて2014年度に東京、大阪、名古屋で開講する全6期の開催日程と受講申込書を掲載しております。
 
 人材育成支援ガイド、総合案内はそれぞれ下記URLより閲覧することができます。社の物流・ロジスティクス人材の育成の一助として、ご活用いただければ幸いです。

<物流・ロジスティクスにおける人材育成支援ガイド2014> PDFファイル2.4MB

<物流技術管理士資格認定講座 2014総合案内、開講のご案内>


人材育成支援ガイド2014              物流技術管理士資格認定講座 2014総合案内
人材育成支援ガイド2014.jpg    CLM総合案内2014.jpg

物流技術管理士資格認定講座の詳細はこちら

第104期物流技術管理士資格認定講座(東京開催)の第13単元「総合演習2」が11月20日(水)-21日(木)にタイム24ビル(東京都江東区)で開催されました。

本講座の総まとめとなる「総合演習2」では、ケーススタディとして、3PLとして受託後に赤字に陥っている物流現場の立て直しのための改革案の立案にグループ演習形式で取り組みました。

冒頭、講師の株式会社ロジスティクス・サポート&パートナーズの黒澤 明氏、同社 コンサルタント 清野 眞由美氏から、ケーススタディの課題説明とともに、(1)赤字の脱出は急務であるが、委託先に対する単なる値下げ要請、あるいは委託元の荷主企業に対する単なる値上げ要請ではなく、物流のプロとしての提案をまとめてほしい、(2)マクロ、ミクロ両面から現状を分析してほしい、(3)委託元の荷主企業も驚くようなアイデアを出してほしい、との検討にあたっての留意点等の説明がなされた後、グループ討議、発表と講評がなされました。

講義の最後に、黒澤氏より、「物流技術管理士の資格を取得することがゴールではなく、あくまでもスタートである。実務で成果を出せる真の物流のプロを目指してほしい」と受講者への期待の言葉で締めくくられました。

第104期講座は、論文試験、面接試験を経て、2014年2月7日(金)の認定証授与式で全日程が終了いたします。

<会場風景1:グループ討議>

討議風景1.jpg

<会場風景2:発表>

発表風景.jpg

<会場写真3:講評>

会場風景3.jpg


物流技術管理士資格認定講座の詳細はこちら

45期ロジスティクス基礎講座が10月8―9日、111213日の4日間、フォーラムエイト(東京都渋谷区)で開催されました。

本講座の最後の講義は「ロジスティクスの課題と展望」と題し、株式会社ロジクロス・コミュニケーション CS.レプレゼンタティブで、本講座の専門委員でもある飯田 正幸氏より講義が行われました。

講義の冒頭、飯田氏より、「我々を取り巻く社会環境は日々変化しており、それに応じて物流・ロジスティクスを構築していくことが求められている。本日は、現在、我が国が直面している事項について、受講者の皆様と対話をしながら講義を進めていきたい」と、本講義のねらいについて説明がなされた後、人口減少、グローバル化、資源の有限性、地球環境問題、アウトソーシングの進行など、我が国を取り巻く様々な問題とそれらに対応するためのロジスティクスのあるべき姿等について、講義が行われました。

また、講義の最後に、飯田氏より、「(1)日々発生している社会的現象について、その背景・原因・本質を探ること、(2)その原因や本質がどのように自社に影響を与えるか考えること、(3)この影響に対する対策を考えること、の癖を身につけて、社会環境に対応できる、真のロジスティクススペシャリストを目指してほしい」と受講者への激励の言葉で締めくくられました。

講義に引き続き、終講式が開催されました。第45期では66名の方が修了され、累計修了者は2,774名となりました。

 なお、次回のロジスティクス基礎講座は、2014年2月に第46期の福岡開催となります。山口県や九州地域で物流・ロジスティクスに関わられている皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

講義風景131114.jpg

<講義会場風景>

物流・ロジスティクスの総合的な知識を学び、濃密なヒューマンネットワークを構築できる物流技術管理士資格認定講座。
これまで9000名以上の方が本講座を受講され、多くの物流技術管理士が物流・ロジスティクスのスペシャリストとして活躍しています。

ここでは、
・物流技術管理士の活躍ぶり
・本講座で学んだ知識やネットワークがどのように役に立つのか

について、実際に物流技術管理士が取り組んだ2つの事例を通してご紹介いたします。
(機関誌「ロジスティクスシステム」 8・9月号掲載)

【掲載内容】
 ◆ケース1:自動車部品メーカー物流子会社A氏の場合
 ◆ケース2:自動車部品メーカーX氏と総合物流企業Y氏の場合
 ◆カリキュラムよりグループ演習のご紹介

  1 2 3  

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版