2012年度物流コスト調査結果の発表

 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(JILS)では、毎年独自に「物流コスト調査」を実施しており、物流コストに関する業種ごとの詳細なデータ等を収集・分析し、報告書としてまとめて公表しています。のたび、2012年度に実施した最新の調査結果(データは2011年度の実績値)がまとまりました。


調査結果はこちらの研究会で詳しくご報告させていただきます。

http://jils.force.com/StudyDetail?productid=a0R100000060GGEEA2


●売上高物流コスト比率は4.72%。実質的に横ばい。

 売上高物流コスト比率は4.72%であった前回調査では4.90%であったので、かなり減少しているが、物流コスト比率が著しく高い業種の回答が減少するなどの要因による影響が大きく、継続的に回答している企業に限って見るとほとんど横ばいである。


●震災による物流コストへの影響は限定的。

 今回の調査対象年度は2011年度である。そのため、20113月に発生した東日本大震災の影響を考慮する必要がある。東日本大震災では多くの物流拠点が被災したものの、これらの被害は特別損失として処理されるのが一般的である。そのため、物流コストとして費用計上されるケースは少ない。一方で、拠点の被災に伴う、他の拠点からの代替輸送や、緊急輸送などのコストは物流コストに含まれているケースが多い。これらの費用は少なからず発生しているが、流コスト総額に占める、これらの震災関連費用の割合は1%未満であるとする企業が約半数を占めており、物流コストに対することのような影響は限定的であったと言えるだろう。

 

●物流コスト削減への取り組み状況

 本調査では物流コスト削減策の実施状況も調査している。添付冊子の図表1-7は、回答企業が実施したコスト削減策を挙げたものである。「積載率の向上」「在庫削減」「保管の効率化」「物流拠点の見直し」が最も実施率が高く、主要なコスト削減策となっていることがわかる。


詳細はこちらのPDFをご参照ください。 → 2012costPDF.pdf

物流コスト調査結果の講演


2012年度物流コスト調査の成果を以下の研究会で
発表させていただきます。

東京 大阪 名古屋 福岡 で開催します。


ふるってお申込ください。  

2012年度物流コスト調査の結果

2012年度 物流コスト調査の結果につきましては、
5月末にこのページにアップします。

ご回答社へは、報告書の送付準備中です。
2013年6月初めにはお手元に届くよう、
手配しております。

講演記録の記事掲載

 公益社団法人鉄道貨物協会名古屋支部の勉強会にて、「物流コスト」をテーマに講演をさせていただきましたが、その記事を同会機関誌「マンスリーかもつ」9月号に掲載いただきました。下記リンクのp8以降に講演概要が記載されています。
 時間の関係でショートバージョンでの講演でしたが、より詳しい講演を、当協会主催事業としても実施しております。次回は次年度の6?7月頃開催の予定です。詳細が決まりましたらHPでも告知いたします。

記事リンク(PDFファイルです)

物流コスト算定に関する文献

 「物流コスト算定を始めるに当たって、どのような参考書がありますか?」といった問い合わせが良く寄せられます。以下、ランダムに参考文献を記載してみます。

1.旧通産省「物流コスト算定活用マニュアル」 Amazon

 1992年に発刊された資料ではありますが、依然としてこの分野の基礎的テキストと言えるものです。残念ながら絶版となっていますが、古書としても多く出回っており、入手するのは難しくありません。物流コストの算定や分類方法が詳細に記述されており、自社において算定基準を作る際の参考とすることができます。本マニュアルを策定した委員会の座長は、早稲田大学名誉教授の西澤脩先生です。

2.中小企業庁「物流コスト算定マニュアル」 経産省サイト

 1.のマニュアルが主として大企業を想定した内容となっており、中小企業には導入が難しい面があることから、中小企業を対象とした簡便法として策定されたマニュアルです。
 例えば物流担当の社員の人件費、自家倉庫の施設費といった「自家物流費」の実績額を算定するのは容易ではありません。正確に自家倉庫の費用を把握するには、減価償却費のうち、倉庫に関する部分のみを抽出するといった手間が必要となります。本マニュアルでは、このように実績額の算定が難しい項目について、推計的手法を導入し、物流コストのおおよその金額を把握するように工夫されています。

3.河西 健次「すぐ使える実戦物流コスト計算」 Amazon

 物流コスト算定の解説書は数多ありますが、本書は読みやすく、実務的にも役立ちます。物流コストの算定は業務改善やコスト削減といった実務への応用を意識して進める必要がありますが、その点、本書の著者は旭硝子で物流コスト算定に長く携わっており、実務的な示唆を得ることができると思います。

4.簿記会計の各種テキスト

 物流コストは管理会計上のコストであると言っても、財務会計の仕組みと切り離して理解することは難しいと思われます。また、基礎的な財務会計上の概念を理解することは、物流コストの管理にも役立つと考えられます。特に、会計の知識がまったく無い場合は、簿記3級レベルの簡単なテキストから基礎的な知識を習得していくことが考えられます。

(つづく)

物流コストとは

 物流コストとは、物流に起因して(関連して)発生するコストであって、輸送費、保管・在庫費、包装費、荷役費、物流管理費といった機能別の観点、支払物流費、自家物流費といった支払形態別の観点、または調達物流費、社内物流費、販売物流費といった領域(物流プロセス)別の観点から分類されることが一般的です。
 なお、旧通産省による「物流コスト算定活用マニュアル」では、物流コストとは「有形・無形の物財の供給者から需要者へ至る実物的な流れに要するコストのことであって、具体的には、包装、荷役、輸送、保管及び情報処理の諸活動に要するコストを指している。このような物流コストは、商流コストと並んで、物財の時間的、空間的な価値の創造に貢献するコストを表している」と定義しています。
 物流コストは、会社内の様々な場面で発生します。調達のための物流、社内の拠点間の物流、顧客への販売物流などです。企業の財務諸表には、「配送費」といった費用項目が掲載されていることはありますが、これは物流コストの一部に過ぎないことに注意が必要です。

  1 2 3

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版