この度公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、企業のサプライチェーンの見直しに効く新規セミナーを2本開催いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ーサプライチェーン全体に大きな効果をもたらすー
梱包・包装最適化による物流コスト削減実践セミナー ーデザイン・フォー・ロジスティクス(DFL)ー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トラック・人手不足により物流コストが上昇するなか、サプライチェーンの見直しによる物流コストの削減が求められております。一方で、これまで多くの改善を行ってきて、改善施策に行き詰まりを感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、デザイン・フォー・ロジスティクス(DFL※)という考え方のもとで「梱包・包装」の改善に目を向け、設計から見直しをして見ませんか?
 梱包・包装を改善すると、全拠点における保管や輸配送全体に良い影響を与えることができるため、効率的にコスト削減をすることができます。
 本セミナーでは、物流と梱包・包装の関係からDFL推進のためのステップまで、講義と演習を踏まえて学んでいただきます。コスト削減に取り組んでいる方々の積極的なご参加をお待ちしております。

※デザイン・フォー・ロジスティクス(DFL: Design for Logistics)とは?
多様化や変化に対応しながらロジスティクスの効率化を維持するために、製品・荷姿の再設計や、補充や物流プロセスの再構築まで遡った対策・考え方の総称です。

【開催日時】東京 2018年9月20日(木)10:00ー17:00
【会  場】JILS研修室(東京都港区海岸1ー15ー1)
【講  師】北山 義弘 氏(合同会社北山コンサルティング 代表)
【定  員】30名(定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください)

※日程、プログラム等の詳細は、こちらをご参照ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SCMとマーケティングを結ぶ!
「需要予測の基本」セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本セミナーは、商品の在庫切れや在庫余り抑制のカギを握る「需要予測」に特化したはじめてのセミナーです。
 「需要予測」とは、市場やマーケティング情報を基に未来の需要を予測することで、必要な時に必要な量の商品を供給できるようにする、サプライチェーンマネジメント(SCM) の一機能です。
 それには専門的なデータ分析スキルや、柔軟な想像力が必要になりますが、営業部門やマーケティング部門、製造部門など、関係する様々な機能とのコミュニケーションがとても重要になります。
 そこにはどのような課題があり、ビジネスの現場ではどのような取り組みが行われているのか、具体的なケースを例に考え、理論で補強することで、それぞれの業界で役立つ学びを得ていただきたいと思います。

【開催日時】東京 2018年11月14日(水)10:00ー17:00
【会  場】JILS研修室(東京都港区海岸1ー15ー1)
【講  師】山口 雄大 氏
【定  員】30名(定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください)

※日程、プログラム等の詳細は、こちらをご参照ください。

皆様のご参加をお待ち申しあげております。

2018年3月31日に発売いたしました『2017年度 物流コスト調査報告書』に掲載の図表に誤りが

ございましたので、お詫びして訂正いたします。下記に正誤表を掲載させて頂きます。

 

正誤表.pdf

 

初回に出荷された書籍につきましては、書店にて正誤表挿入をお願いし対応させて頂いております。

今後の出荷分につきましては、訂正シールにより対応させて頂く予定となっております。

 

万一、正誤表が挿入されていない該当商品をすでにお買い上げのお客様におかれましては、

正誤表をダウンロード頂きたくお願い申し上げます。

 

もしくは、訂正シールをご希望の場合には大変恐れ入りますが、下記お問合せフォームより

お名前・ご住所・電話番号を明記頂き、「2017年度 物流コスト調査報告書 訂正シール希望」と

ご連絡をお願い致します。 

http://www.logistics.or.jp/contact.html

 
この度ご購入くださいましたお客様並びに各関係者の方々に、深くお詫び申し上げます。

 

JILS総合研究所 物流コスト担当

2017年度調査 における売上高物流コスト比率(全業種)は4.66%となりました。2016年度調査において労働力不足などを理由に売上高物流コスト比率は大きく上昇しました(+0.34ポイント)。今回の2017年度調査では再び減少に転じ、以前の水準に戻りました。

 

2016年度調査では急激な環境変化により、売上高物流コスト比率を上昇させた企業が多かったのですが、2017年度調査ではたゆまぬ企業努力により、売上高物流コスト比率を元の水準に戻したとのではないかと考えております。

 

また、2年連続で回答した企業(168社)の平均値は、4.61%から4.66%へと僅かに(0.05%)上昇しました。

 

また、昨年度に引き続き労働力不足に関わるアンケートを実施しております。値上げ要請の有無については、回答企業(218社)のうち71.6%から要請を受けたとの回答を得ました。値上げ要請があったとの回答した企業(156社)のうち、120社(76.9%)の企業が「応じた」と回答しました。


 

報告書の概要版はpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 概要版:2017コスト調査報告書.pdf

 

 

※2017年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売しております。

 http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R5F00000Vat1I

 

※2018年度調査につきましては、本年7月頃を目処にアンケートを送付させて頂きます。

 ご協力の程、何卒宜しくお願い申しあげます。

 

(JILS総研)

 

 この度JILSでは2017年度の物流コスト調査を開始し、本日(6/29)、調査票を発送させて頂きました。

 本調査は、荷主企業様(子会社を含む)を対象として毎年実施させて頂いておりますが、今年度は調査結果の早期のご報告に向けて、昨年度より早い実施日程とさせて頂きました。

 大変お忙しい中とは存じますが、2017年8月31日(木)までに、ご郵送またはメールにてご回答くださいますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

 

● ご回答頂きました企業様には、後日、調査結果をまとめた報告書を1部送付申しあげます。

 ご回答者以外には有償(予定価格10,000円)でのご提供となります。

 

● 会員外の荷主企業様(子会社を含む)も対象とさせて頂いております。

 ご検討を頂ける場合は、担当者にご連絡ください。 

 

 

◆アンケート票(エクセルファイル)

 cost_enquete_2017.xls

 

◆記入要領

 2017 記入要領.pdf

 

◆(ご参考)依頼状

 2017 依頼状.pdf

  

 

※記述回答につきましては、回答企業が特定されない範囲で報告書に引用させて頂きます。

※回答結果は厳重な管理のもと統計処理を行いますので、具体的な社名などは公表されません。

 個人情報の保護につきましては www.logistics.or.jp/privacy.pdf をご覧ください。

 

<ご参考> 2016年度 物流コスト調査報告書(概要版).pdf

 

 

担当: JILS総合研究所 三代川(みよかわ) miyokawa@logistics.or.jp TEL 03-3436-3191

 

 

 

2016年度の物流コスト調査における売上高物流コスト比率(全業種)の平均値は4.97%となりました。

前年度からの上昇は0.34ポイントで、過去20年間で最大となっています。業種分類別では、製造業、

卸売業、小売業の売上高物流コスト比率が前年度から上昇しています。

 

今年度のアンケート調査では、人手不足に関連した値上げ要請の動向についての設問を追加しました。

値上げ要請については、要請があったとの回答が6割を占め、値上げを要請された主なコストの種類は

輸送費が最も多く、荷役費がこれに続いています。

また、値上げ要請があったと回答した企業のうち、8割弱の企業が「応じた」と回答しています。



報告書の概要版はpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 概要版:2016コスト調査報告書.pdf

 

 

 

※2016年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売しております。

 http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R5F00000Vat1I

 

 

※2017年度調査につきましては、本年6月末を目処にアンケートを送付させて頂きます。

 ご協力の程、何卒宜しくお願い申しあげます。

 

 

(JILS総研)

 

 2016年度物流コスト調査の売上高物流コスト比率は4.97%(全業種平均。速報値)となった。前年度からの上昇幅は0.34ポイントで、過去20年間で最大となっている。

 本調査では、2016年8月から11月にかけてアンケート調査を実施し、計221社から有効回答を得た。売上高物流コスト比率の上昇は、回答企業の主な会計期間である2016年3月期における人手不足を受けた輸送費等の上昇が反映されたものと考えられる。

 なお、同一サンプルによる前期比較が可能な2年連続回答(有効回答180社)の売上高物流コスト比率は4.82%(全業種平均。速報値)で、前年度から0.16ポイント上昇している。

 

 

速報版:2016年度物流コスト調査報告書.pdf

 

 

本報告書の詳細版は、大手書店・政府刊行物センター等で販売します(2017年3月刊行予定)。

※amazon、紀伊国屋、ジュンク堂、丸善等(一部店舗を除く)

 

 

 

 

なお、JILSでは物流コスト管理を含む人材育成プログラムを多数用意しております。

詳細は以下のリンクをご参照ください。

 

資格講座・セミナー

http://www.logistics.or.jp/education/

 

ロジスティクス・物流業界 研究フォーラム(大阪)

http://www.logistics-forum.jp/

 

 

以上

 

 この度JILSでは、2016年度物流コスト調査を開始し、本日(8/5)、JILS会員企業等の皆様にアンケート票を郵送させて頂きました。

 本調査は、荷主企業(子会社を含む)を対象として毎年実施させて頂いておりますが、今年度につきましては、年度内における調査結果のご報告に向けて、例年より早い日程での実施とさせていただきました。何卒ご理解を賜りますよう、お願い申しあげます。

 ご回答につきましては、同封の返信用封筒によるご返送のほか、以下のアンケート票(電子版)にご記入頂き、電子メールでご返信頂くことも可能です。

 なお、ご回答者には原則として、後日、調査結果をまとめた報告書を送付させて頂きます。ご回答者以外には有償(予定価格10,000円)でのご提供となります。

 

 ご回答の締切は2016年9月16日(金)とさせて頂いております。お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

※締切後、ご回答を頂いていない企業様に再度依頼状をお送りしております。

 

 

◆アンケート票(エクセルファイル)

 cost_enquete_2016.xls

 

◆記入要領

 2016 記入要領.pdf

 

◆依頼状(ご参考)

 2016 依頼状.pdf

 

 

※JILS会員外の企業の皆様

 荷主企業(子会社を含む)につきましては、JILS会員外の企業も対象とさせて頂いております。調査にご協力頂ける場合は、ご一報を頂ければ幸いです。

(過去3年間に本調査にご回答を頂いた場合は、原則として本日調査票をお送りしております)

 

 

担当: JILS総合研究所 三代川(みよかわ) miyokawa@logistics.or.jp

荷主企業(子会社を含む)を対象として毎年実施しております「物流コスト調査」の昨年度の結果がまとまりました。

概要版につきましては、ページ下段からpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 

図表1 売上高物流コスト比率(業種大分類別)

図表1 売上高物流コスト比率(業種大分類別).png

 

図表2 物流コスト等の指数に見る直近の推移

図表2 物流コスト等の指数に見る直近の推移.png

 

概要版:2015コスト調査報告書.pdf

 

※2015年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売いたしております。

http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R5F00000Vat1I

 

※2016年度につきましては、本年7月を目処にアンケートを送付させて頂く予定です。何卒宜しくご協力賜りますよう、お願い申し上げます。

 

(JILS総研)

 この度JILSでは、物流コスト調査(2015年度)を開始いたしました。本調査は荷主企業(子会社を含む)を対象に自主事業として毎年実施させて頂いておりますが、本日(11/9)、JILS会員企業等の皆様にアンケート票を郵送させて頂きました。

 本調査の回答方法につきましては、同封の返信用封筒によるご返送のほか、以下のアンケート票(電子版)にご記入頂き、電子メールでご返信頂くことも可能です。

 なお、ご回答者には原則として、後日、調査結果をまとめた報告書を送付させて頂きます。ご回答者以外には有償(予定価格10,000円)でのご提供となります。

 ご回答の締切は2015年12月9日とさせて頂いております。お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくご協力賜りますよう、お願い申し上げます。



◆アンケート票(エクセルファイル)

 cost_enquete_2015.xls

 

◆記入要領

 2015 記入要領.pdf

 

◆依頼状(ご参考)

 2015 依頼状.pdf

 

※JILS会員外の企業の皆様

 荷主企業(子会社を含む)につきましてはJILS会員外の企業も調査対象とさせて頂いております。調査にご協力頂ける場合は、ご一報を頂ければ幸いです。

(過去3年間に本調査にご回答を頂いた場合は、原則として本日調査票をお送りしております)



担当: JILS総合研究所 北條、三代川(みよかわ)  miyokawa@logistics.or.jp

 毎年当会で実施している「物流コスト調査」の昨年度の結果がまとまりました。

 概要版はページ下段からpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。

 

図表1 売上高物流コスト比率(業種別)

 

図表2 物流コスト等の指数に見る直近の推移

概要版:2014コスト調査報告書.pdf

?

なお、調査結果はJILSテーマ別研究会(東京開催)にて詳しくご紹介いたします。

詳しくは↓↓↓

研究会ご案内  http://jils.force.com/StudyDetail?productid=a0R1000000JRulMEAT

 

2014年度の物流コスト調査結果をまとめた報告書を販売いたしております

詳しくは↓↓↓

2014コスト調査報告書  http://jils.force.com/PublicationDetail?productid=a0R1000000JtbzlEAB


(JILS総研)

2 3  

すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。

"movable type"

AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。

個人 OR 出版

個人 NOT 出版